【わが家の学び道02】東京インターナショナルスクール アフタースクール(東京・勝どき)

親子で満足度は高かった

今回のプログラムは、約束の9つのキーワードはとても参考になったし、英語学習0時間の息子が3時間飽きずにできたこと、激し人見知りなのに人前で発言したことなど、親としては満足度の高いものだった。

レッスンを終えた息子に感想を聞いてみた。

あえてスクールの感想ではなく「英語どうだった?」と。「楽しかった~。バナーナ」と言っていた(とりあえずそれだけは覚えたんだね)。

でも「3時間はやっぱり長い」とのこと。それでも、「英語やりたくない」からはだいぶ進歩したなと思う。

体験レッスンに参加するまで、日本式の英語学校は机に座ってやらなくてはいけないことが多いし、プリスクール系の学校は説明が英語で理解できるのかな? といった思いや、昨今プリスクールが多く設立されているいっぽうで、教育の場としてちゃんとしているのかというギモンもあった。

しかし、こちらは「東京インターナショナルスクール」と住友商事が組んでいるだけあって、なかなかしっかりしていた。

事務的なことは、日本人スタッフの方が対応してくれるので安心だ。

他のスクールに行っているママから、「授業中に騒ぐと先生が英語で注意するけど、イマイチ伝わらず騒いだままになってレッスンが進まない」という話を聞いたことがあった。

ここでは何かあったとき担任の先生が英語で注意するが、それでも解決しないとそっと日本人スタッフがそばについて子どもをサポートしたり、廊下で話をしてクラスに戻したりと、きめ細かな対応をしていた。

通学における実際を考えると…

強いて気になったことをあげるなら、以下の3つ。

ひとつ目は、1クラス14~16人と人数が多いこと。この人数だと発言する機会が少ないのでは?

見学して感じたのは、初心者が3時間やり切るためには周りの行動を参考に理解することも必要で、これくらいの人数でマネして覚えていくほうが話すことがユウウツにならず、スクール通いを長続きさせることにもなりそうだ。

英語歴2年程度のクラスでは、英語がわかってくると「発言したいがなかなか自分の番が来ない」というのが逆に渇望感を生み、授業を活性化していたようにも感じた。

ちなみに、先生はちゃんと交代で全員に発言をさせるようにしていたので、特定の子ばかりが話すようなことはない。

ふたつ目は、子供の送迎についてだ。

今回は土曜の10時〜13時までのコースに参加したが、共働き家庭などではすでに土曜日に習い事をしていることが多いはず。

わが家も、土曜日はすでに電車で通う遠方での習い事が予定としてある。ここで3時間のプログラムをこなし、さらにもうひとつ習い事となると、子どもにとって相当な負担となる。

では、英語を平日にするとして、子どもが自力で勝どきのスクールまで通えるなら、仕事終わりに子供を迎えにいけばいい。

が、スクールまで距離があった場合どうするか?

1時間なら送り届けてから周辺で時間を潰せそうだが、3時間となると待機する親もなかなか大変だ。

平日では放課後(夕方)の送り迎えとなるので、できればレッスンの間に夕飯の支度や、下の子のお迎えなど済ませてしまいたい。

私の場合、家事をして往復の送迎をするのは、週1回だとしてもちょっとハードでめげそう…

たとえば、行きはアフタースクールの送迎バス利用がオプションで可能だったり、帰りの送迎バスもあれば助かるママも多いはずだ。

3つ目は、コスト面のこと。

LETコースの入会金は1万800円、月謝は2万7000円。それに加えて教材費と、それなりにかかる。

とはいえ、プログラム内容と先生がよかったので、この値段でも納得できる。むしろ、入会金が3万円超とかではないのは良心的かもしれない。

スクール見学1件目にして、息子を本当に入会させようかと思っているくらいだ。

とりあえず英語に慣れていない間は、学校の長期休暇中に催されている「シーズンスクール」に1日5時間(1日あたり1万800円)から参加できるそうなので、スタートにはよさそうだ。

先々の夢として、グアムやハワイなどのサマーキャンプなどに参加できたらいいなと思っているが、このコースに通っていれば海外の子供たちに交じって参加することも問題ないはず。

日本にいながらにして英語圏と同じような学び環境があるなんて、恵まれているなぁ…

私も小さなころこんなスクールに通っていればいまごろ…と思いつつ、銀座で外国人に道を聞かれては相変わらず四苦八苦しているのだった。


【東京インターナショナルスクール 勝どきアフタースクール「LTEコース」】

  • 住所:東京都中央区勝どき3-12-1 フォアフロントタワー1階
  • 対象:年少~小学4年生(16年度は年少~小学3年生)
  • 開講日:110分コース/火金、3時間コース/水木土(16年度は土のみ開講)
  • 入学金:1万800円
  • 月謝:2万7000円(アフタースクール併用の場合は1万6200円)
写真と文/紅絹(もみ)
東京の下町で、夫と息子ふたりと暮らす英語オンチ主婦。こどもが生まれるまでは、都心のど真んなかかつ緑の多いわが街はとっても素敵なところだったけど・・・待ち構えていたのは、教育熱心なママたちとそれにちっとも応えていないお稽古空白地帯という現実だった。周りの教育熱に煽られ、毎年新学期を前に高額なプリスクールに通わせるべきか? はたまた、遠くの英語教室を探すべきなのか? いっそ習い事の選択肢がいっぱいあるエリアに引っ越すべきかと、やや迷走気味。オリンピックまでには、子どもたちが「英語大好き!」になるような道を探すことを自分のミッションとしている。
1 2 3 4

5

関連記事

  1. 【津田塾大学交流館】ウォルト・ディズニーの生涯を学び演じる「夏休みこども英語プログラム」

  2. 【子ども建築塾2020】伊東豊雄さんと「いえとまちって何だろう?」を考える20名 3/22〆

  3. 【Summer Kids Idea Day Camp】無限のアイデアを引き出すワークショップ50名募集(7/30)

  4. 【ベネッセ】東京の25園が渋谷に集結「インターナショナル・プリスクール説明会」11/4

  5. 【京王】ホンモノの職場でお仕事体験「キッズおしごと隊2018」親子216組432名 6/27〆

  6. 【つくばSKIPアカデミー2020】科学好きな小中学生を育成する人気プログラム40名 6/30〆

  7. 【セブ2018②】日本人スタッフが手厚くサポート…小3から参加できる2週間英語強化キャンプ(満席)

  8. 【探究学舎】小学生の興味を育てるオンライン授業3週間に渡り毎日ライブ配信<休校学習支援>

  9. 【パナソニック環境絵画コンクール2019】「きれいな空気・水と生きもの」を描いてみよう9/15

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,206Followers
40Followers
  1. 【THE世界大学ランキング日本2021】1位東北大、2位東工大、3位東大……

    2021.05.11

  2. 【宇宙教育シンポジウム2021】「宇宙教育とICT~新たな学びのツール…

    2021.05.11

  3. 【IIBCエッセイコンテスト2021】高校生対象「私を変えた身近な異文…

    2021.05.11

  4. 【フルブライト2022】2021年は25名が選出…手厚いサポートが魅力の米…

    2021.05.06

  5. 【東京都】施設改修費2.6億&賃料全額補助…2022年度に開業する立川…

    2021.05.06

  1. 【海外教育機関】慶応、早稲田、立教、公文…海外にある日本の寮制高…

  2. 【英国パブリックスクール01】世界のセレブ子女が集う超名門寄宿学…

  3. 【清華大学】MITを超えた…最高峰&最先端高等教育から知る「学びの…

  4. 【学ぶKL12】小学校はどう選ぶ…? いろいろ見学して小さなIBスクー…

  5. 【インド系インターナショナルスクール】数学教育や学費の安さで注…

may, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

X