【東京都】小5〜高校生対象、宿泊コースも!? 18年にオープンする「東京英語村」概要まとめ

なかなかおもしろそうな、東京都の英語村

2020年の東京オリンピックを見据え、東京都が2018年度に開設を目指している「英語村」。

どんな施設になるの?

気になっていた人も少なくないと思いますが、これまで都教育委員会の有識者会議が検討してきた内容が、2015年10月27日に発表されました。

【関連記事】東京都×グローバル教育2024

英語村

有識者会議には、近畿大学の英語村「e-cube」村長、キッザニア事業部長代理、福島の英語体験施設「ブリティッシュヒルズ」代表理事、タレントのパックン、英語講師でおなじみの安河内哲也氏などが参加。

【関連記事】近畿大学に日本初の大学内英語村「e-cube」
【関連記事】キッザニア東京でのグローバル体験イベント

日本で英語村を運営している企業の代表者が中心となっており、なかなか興味深い顔ぶれとなっています。

キッザニアと同等サイズの施設に?

以下に、報告書の内容をざっくりまとめてみます。

江東区の民間ビルなどを活用した体験型施設となる予定で、6000平方メートル(キッザニア東京と同程度)の施設を500~600人が一度に利用できる規模を想定。

運営は民間企業に委託し、都内の児童や生徒が低価格で利用できるよう、都からのバックアップが望まれるとしています。

英語村東京3

対象となるのは、英語を教科として学ぶ小学5年生から高校3年生。

英語村東京2

都内の子どもたちのほか、都外の子どもたちも修学旅行や社会科見学での利用ニーズにも対応。学校行事だけではなく、個人やグループでの参加も想定しています。

なお、都内の小学5、6年生は約20万人、中学生は約32万人、高校生は約32万人。

計84万人となりますが、英語村の定員が1日(1回定員600名×2セット)1200名だとすると、年間利用者数は43万8000名。都内の子どもたちが学校行事などで使用する場合は、小中高でそれぞれ1回ずつ程度の利用頻度となりそうですね。

中高生には宿泊型コースも

英語村では、英語を用いたさまざまな体験にチャレンジし、英語力を試す場として活用。

学校で学習した英語を一層高められるプログラムが提供される予定で、楽しい体験をつうじて英語に慣れ、英語をもっと話したい、勉強したいというきっかけにつながる内容を目指します。

英語村東京

基本となるコースは、日帰りの半日(4時間)コースと1日(8時間)コースなど、ニーズに応じて選択。

高校生や中学生などには、集中して学習できる宿泊型コースも検討するべきとしています。

体験では、今後は外国人とのコミュニケーションの機会が増えていくことを見越し、この施設では日本の伝統・文化や外国の文化への造詣を深めるとともに、留学生などを活用してさまざまな国の人々と交流して多様性や違いを理解するアクティビティーも重視。

レベルは、英語や外国の生活・文化に触れて親しむことを目的としたビギナーレベルから、国際社会で活躍する場面を想定した高度なレベルまで想定しているとのこと。

以上、報告書からの「英語村」概要でした。

具体的な内容はこれから決定しますが、民間の力をフル活用することで、なかなかいい施設になりそうな予感がしますね!


【東京都「英語村」報告書まとめ】

  • 主催:東京都
  • 運営:民間委託
  • 場所:東京都江東区の民間ビルなど
  • 施設規模:「キッザニア東京」と同じくらいのサイズ
  • 利用定員:1回につき500~600人
  • 対象:小学5年生〜高校3年生(都民以外も利用可能)
  • レベル:初心者〜国際社会で活躍するレベル
  • コース:半日コース、1日コース、宿泊型コース
  • 利用料金:安価
 

関連記事

  1. 【Code Girls×レコチョク】音楽×プログラミング…女子中高生ワークショップ40名 1/12〆

  2. 【都立国際高等学校】2017年をメドに公立第1号となる「国際バカロレア」認定校取得へ

  3. 【玉川学園】中学・高校卒業認定も得られる…「MYP」と「DP」が修得できる「IBクラス」

  4. 【日中青年会議2017】UWC香港校で日中の課題と未来を語り合う…中高生50名募集 2/26,4/14〆

  5. 【Z会Asteria】グローバルに活かす「英語力・数学力・課題解決力」を獲得する21世紀型学習

  6. 【ザーイド・サステナビリティ賞2022】水とエネルギーの自給自足を目指す「UWC ISAK」が日本で初受賞

  7. 【加藤学園暁秀中学校・高等学校】日本の学校初の「国際バカロレア」認定校の気になる実績は?

  8. 【スクーミー】感染症対策を考える!? 身近な課題を解決する授業3回無料提供<休校学習支援>

  9. 【AIG高校生外交官プログラム2018】米国に派遣する40名&日本プログラム20名募集 1/31〆

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,034Followers
125Followers
  1. 【オーストラリア留学フェア2022】自動翻訳システム完備…約60の教育…

  2. 【ブリティッシュ・カウンシル】完全英語環境で仲間と課題解決に挑…

  3. 【ブリティッシュ・カウンシル】マイクラも体験できる…30時間完全英…

  4. 【樫尾俊雄発明記念館】人の役に立つアイデアを募集!小学生対象「…

  5. 【ラグビースクール・ジャパン】北海道で音楽やドラマを学ぶ2コース…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」(2022年9月開講予定…

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

may, 2022

17mayallday【〆切】レゴ「Build A World of Play Challeng」

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X