奨学金高校留学

【6月30日〆切】14年度より横浜市が高校生に20〜40万円を支給する海外留学支援事業を開始

個人対象と団体対象の2タイプ

「横浜市」は、国際的な舞台で活躍できるグローバル人材育成を目的に、2014年度より市内に在住、在学している高校生を対象に海外留学支援事業を開始します。

この事業は、横浜にゆかりの深い篤志家からの寄附金を原資に、14年2月に設立された「横浜市世界を目指す若者応援基金」を活用するもの。

横浜市高校生留学支援

プログラムは、高校生5名に上限40万円を支給する「個人留学」と、高校や市民団体などを通じて高校生に20〜40万円を交付する「姉妹校等留学プログラム」のふたつ。

「個人留学」では、留学期間がおおむね1年あり、14年度中に出発するものが対象。在籍校の校長の推薦を受けていて、評定平均値が一定以上であることが条件。

応募方法は、必要書類を横浜市のウェブサイトからダウンロードし、小論文を含む応募書類を学校を通じて郵送もしくは持参で提出。

補助金は、請求書などを提出後、市から概算払決定通知書が交付され払いが行われます。

「姉妹校等留学プログラム」は、外国の高校での授業参加や交流を含む活動のため1週間から3ヵ月未満派遣する「海外研修」、もしくは定期的な通学のため3ヵ月から1年間派遣する「海外留学」が対象。

募集するのは、海外研修が10~20プログラム、海外留学が10プログラム。

補助金は、航空運賃や交通費などを対象に、海外研修が上限20万円、海外留学は上限40万円となっています。


【2014年度横浜市海外留学支援事業】

  • 主催:横浜市
  • 応募先:横浜市教育委員会事務局高校教育課
  • 締切:2014年6月30日(月)
  • 募集人数:個人留学/5名、海外研修(団体)/10~20プログラム、海外留学(団体)/10プログラム
  • 補助金:海外留学/ひとりにつき上限40万円、海外研修/上限20万円

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X