奨学金政治・行政

【トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム】300名の留学生枠に6倍の1700名が応募

寄付金は53社・団体から66億円

留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」14年度奨学生募集が4月21日(月)に締め切られましたが、今回221校1700名から応募があったと文科省より発表されました。

【関連記事】「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」奨学生300名募集

日本代表プログラム3

計300名に対して約6倍の応募となり、各コースにおける応募者数は下記のとおり。

      • 自然科学系、複合・融合系人材コース…517名(採用予定150名)
      • 新興国コース…341名(採用予定60名)
      • 世界トップレベル大学等コース…329名(採用予定60名)
      • 多様人材コース…513名(採用予定30名)

今後のスケジュールは、5月の書面審査(一次審査)、6月の面接審査(二次審査)を経て、6月下旬に採否結果を通知。

8月上旬に事前研修を開催、留学開始(支援開始)は8月21日(木)を予定しています。

また、奨学生支援のための寄付金を募っている「グローバル人材育成コミュニティ」には、IHI、ソフトバンク、ベネッセホールディングスなど53社・団体から66億円が寄せられています(4月24日時点)。

【関連記事】「グローバル人材育成コミュニティ」で寄付金募集

寄付金は、14年度は7月31日まで受け付けており、20年までに法人や個人から計200億円を集めていきたいとしています。

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X