高校

【立教新座高校】14年度より高3生を対象とした短期留学プログラム「ギャップイヤー留学」実施

ベネッセが提供する留学プログラム

「立教新座高等学校」(埼玉県新座市)は、2014年度より高校3年生を対象とした短期留学プログラム「ギャップイヤー留学」を実施します。

1948年に設立された「立教新座高等学校」は、中学校も併設している男子校の中高一貫校。
1948年に設立された「立教新座高等学校」は、中学校も併設している男子校の中高一貫校。

このプログラムは、14年3月に同校が「スーパーグローバルハイスクール」アソシエイト校の指定を受けたことから、その取り組みの一環として実施されるもの。

【関連記事】スーパーグローバルハイスクール56校+アソシエイツ54校

プログラムは「ベネッセ」が提供しますが、同社による同様のプログラムは、14年2月〜3月に「立教女学院高校」(東京・杉並区)でも実施されています。

100時間の授業とホームステイで英語力強化

参加するのは、大学への進学が決定した13名の生徒。

2015年2月8日(日)~3月7日(土)の期間、アメリカ・バージニア州にある「メアリーワシントン大学 University of Mary Washington」敷地内にあるランゲージセンター「ELS ランゲージセンター・フレデリックスバーグ校 ELS Language Centers, Fredericksburg」に留学。

「ELSランゲージセンター」は、ベネッセが保有している全米最大の留学生受け入れ機関で、米国の50大学の敷地内に設置。世界140ヵ国から100万人の留学生を受け入れた実績があるそうです。

生徒たちは1日50〜60分の授業を6コマ受講し、1ヵ月間で計100時間の英語の授業を受講。論理的思考力や批判的思考力といった力も同時に学び、大学進学や就職後にも使える力を身につけていくとしています。

また、ホームステイでの生活を送ることで、授業で学んだ知識を実際に使用して英語の定着を促進。同時に、異文化理解も促すとのことです。


【立教新座高等学校「ギャップイヤー留学」】

  • 主催:立教新座高等学校
  • プログラム提供:ベネッセ
  • 日程:2015年2月8日(日)~3月7日(土)
  • 留学先:「ELS ランゲージセンター・フレデリックスバーグ校」(アメリカ・バージニア州)
  • 参加人数:13人
  • 参加費:52万9000円(予定)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X