【筑波×お茶の水】両附属高でキャリア教育実施、双方の協定校へ海外留学など大学間連携締結

両大学の強みを活かした連携

「筑波大学」(茨城県つくば市)と「お茶の水女子大学」(東京・文京区)は、2016年9月1日(木)に大学間連携に係る調印式を行いました。

お茶の水大学のニュースリリースより。筑波大学・永田学長(左)、お茶の水大学・室伏学長(右)。

お茶の水大学のニュースリリースより。筑波大学・永田学長(左)、お茶の水大学・室伏学長(右)。

師範学校を前身とする両大学は、この大学間連携により、キャンパス機能の相互共有、教育研究力の互恵的な向上、双方のトランスボーダー化などを目的に締結。

理数教育や女性リーダーの育成など双方の強みや特色を活かし、大学の枠を超えた下記のような連携強化を図っていくそうです。

  • 「筑波大学付属高校」(東京・文京区)と「お茶の水女子大学付属高校」(東京・文京区)で2017年度より「キャリア教育プログラム」を実施
  • 筑波大学付属高校の生徒がお茶の水女子大学附属図書館を利用
  • 両大学の資源・強みを活かした教育連携
  • お茶の水女子大学の学生・教職員が、筑波大学が展開する海外13ヵ所のオフィス利用
  • 双方の協定校への留学、派遣・受け入れプログラムの共同開発・共同実施

筑波大学は、6月に同じくスーパーグローバル大学である「国際基督教大学」と、国内外の大学とのキャンパス機能の共有化「Campus-with-Campus」を目的とする大学間協定を締結しましたが、今回も教育研究のトランスボーダー化に繋がるものとして取り組んでいくそうです。

【関連記事】2016年にCwC連携協定を交わしたICUと筑波大学


【筑波大学・お茶の水大学・大学間連携協定】

  • 締結日:2016年9月1日
  • 場所:「筑波大学」東京キャンパス
 

関連記事

  1. 【法政大学】16年9月に経営学部と人間環境学部で全英語プログラムコースを開設、計20名募集

  2. 【大学入試2016】基準スコアを満たせば英語テスト免除…獨協大学「外部検定試験導入型」採用

  3. 【武蔵野美術大学】創造的思考力を社会の課題解決に応用する「造形構想学部」を2019年に新設

  4. 【広島大学】15年度より4学期制を、16年度新設の「未来創成学部(仮)」では秋入学を導入

  5. 【大学入試英語成績提供システム】文科省による「TOEICの参加辞退による特例措置」について

  6. 【日米学生会議2021】日米学生各36名が3週間寝食を共にしながら議論を深めるプログラム 2/7〆

  7. 【大学入試2016】立命館大学が中韓に2年間留学するプログラムを強化、新AO入試で5名募集

  8. 【大学入学資格】年齢要件撤廃し、留学生・帰国生・インター生が18才未満でも大学入学可能に

  9. 【東京女子大】2018年に現代教養学部を5学科12専攻に再編、実践的なリベラルアーツを展開

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,547Followers
40Followers

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

05octallday05novおにぎりアクション2021

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X