【芝浦工大】院生1000名に60万円支給…17年度に新奨学金制度導入しグローバル人材育成加速

TOEFLレベルチェック

院への進学率倍増を目指す

「芝浦工業大学」(東京・江東区)は、2017年度以降に入学する大学院生(修士課程)を対象とする「グローバル理工系人材育成大学院給付奨学金」を新設し、高度な専門知識を持ったグローバル人材育成を加速していくことを発表しました。

芝浦工業大学

対象となるのは、芝浦工業大学「大学院理工学研究科修士課程」(定員355名)と「専門職大学院工学マネジメント研究科専門職学位課程」(定員28名)の学生。

受給資格は、芝浦工大の学部生および卒業生のうち17年度以降の大学院進学者で、出願時または入学試験時にTOEICスコアが550点以上であること。

ひとりあたりの支給金額は、年間30万円×大学院修了までの2年間で計60万円。他の奨学金との重複も可能。

ちなみに、理工学研究科修士課程の15年度学費は、年間120万5000円(1年次)、130万5000円(2年次)なので、この奨学金を利用することで学費は年間90〜100万円程度に軽減されることになりそう。

採用規模は1000名を想定しており、年度あたりの定員は500名(男250名、女250名)。なお、15年度の大学院理工学研究科修士課程の学生数は約890名となっています。

女子の進学率上げ多様性を創出

上記のような奨学金制度を新設する背景には、芝浦工業大学が14年9月に「スーパーグローバル大学」に選出された経緯があります。

【関連記事】14年に「スーパーグローバル大学」37校を選出

この構想において、「大学院進学率」を10年間で倍増させる目標を掲げており、13年度の32.8パーセントから23年度には60パーセントまであげたいとしています。

また、学内の多様性の創出という目標では、留学生はもちろん女子大学院生を増やすことで、社会的にニーズのある高度な理工系の専門知識を持った女性を育成し、イノベーションの創出につなげたいとしています。

くわしくは、「芝浦工業大学」公式サイトで確認を。


【グローバル理工系人材育成大学院給付奨学金】

  • 芝浦工業大学(東京都江東区豊洲3-7-5)
  • 受給資格:芝浦工大の学部生および卒業生のうち、2017年度以降の大学院進学者(博士課程を除く)で、出願時または入学試験時にTOEICのスコアを550点以上有する人
  • 採用規模:1000名(2年間)
  • 給付額:60万円(年間30万円×大学院修了までの2年間)

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,447Followers
125Followers
  1. 【SHIBUYA ART AWARDS】2022年のテーマは「Contact 接点の質感」…未…

  2. 【みてね基金】家族を取り巻く社会課題解決に取り組む非営利団体に…

  3. 【多摩美術大学】自由闊達な美大講師の視点に学ぶ新・教養講座「TAM…

  4. 【子どもたちに大切なことを脳科学が明かしました】親が知っておき…

  5. 【マンガでよくわかる! 英語が好きになる本】韓国の子どもたちを英…

  1. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  2. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  3. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  4. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  5. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

october, 2022

02octalldayPrivate & International School Fair 2022@ペナン

10octallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」

15octalldayPrivate & International School Fair 2022@ジョホール

15octallday【〆切】テンプル大学ジャパンキャンパス「持田・ストロナク全額奨学生」

X