【芝浦工業大学】大学と日本人学生・留学生が協働でダイバーシティ化推進するスタッフ制度開始

急増する留学生をサポート

「芝浦工業大学」(東京・港区)は、グローバル化推進に関わる業務や留学生のサポートをする学生スタッフ制度「グローバル・スチューデントスタッフ(GSS)」を、2016年7月に新設しました。

芝浦工業大学は、私立理系大学で唯一「スーパーグローバル大学」に採択されています。

【関連記事】芝浦工大、院生1000名に60万円を支給

芝浦工業大学では、留学生の受け入れが、2013年に158名、14年に297名、15年に501名という1.7倍のペースで増加しており、教職員や受入先の研究室だけでなく、学生の支援が必要となっている背景があります。

研究設備を英語で紹介。

留学生に、研究設備を英語で紹介。

現在約120名の学生がGSSに登録しており(うち3割が留学生)、大学のダイバーシティ推進のため教職学協働でグローバル化を推進していくことになります。

学び合う制度を活用しよう

GSSでは、勉強会や研修を実施し、相手の立場に立ったものの考えができるようにノウハウを共有するほか、大学院生が「シニアGSS」となり、各業務においてリーダーとして従事し、学部生「GSS」の指導も行います。

新規受入留学生のオリエンテーションの様子。

新規受入留学生のオリエンテーションの様子。

活動内容は、学内イベントでの国際化事業の周知活動や促進に関わるサポート(学園祭、グローバルデー、シンポジウムなど)、留学生のサポート(キャンパスツアー、ガイダンス、空港ピックアップなど)のほか、大宮キャンパスの国際交流施設「グローバルラーニングコモンズ」の常駐スタッフなど。

日本文化体験のサポートも行います。

日本文化体験のサポートも行います。

今後は、夏休みのサマープログラムをはじめ、グローバルラーニングコモンズでの七夕イベントやグローバルデー(11月1日)、芝浦祭(11月4~6日)で、GSSが中心となって企画・運営をする予定です。


【芝浦工業大学グローバル・スチューデントスタッフ(GSS)】

  • 対象:日本人学生、留学生
  • 参加人数:120名(うち3割が留学生)
  • 活動内容:学内イベントでの国際化事業の周知活動や促進に関わるサポート(学園祭、グローバルデー、シンポジウムなど)、留学生のサポート(キャンパスツアー、ガイダンス、空港ピックアップなど)など
 

関連記事

  1. 【明治大学】優秀な学生は海外トップ大に留学せよ…2017年より学期最大300万円を40名に支給

  2. 【明治大学・政経学部】欧州の新教育助成プログラム「Erasmus+」を活用した交換留学を開始

  3. 【大学入試2016】全学部全学科で若干名募集…玉川大学「国際バカロレアAO型入学審査」

  4. 【THE世界大学ランキング日本2021】1位東北大、2位東工大、3位東大…278大学から50位をチェック

  5. 【鹿児島大学】2016年度より全学部で「国際バカロレア入試」実施(出願は16年1/19~21)

  6. 【大学入試英語成績提供システム】2回分の成績を提供…20年度運用開始までの流れをチェック

  7. 【東京藝術大学】16年度より高2からの「飛び入学」を受け入れ、早期教育で世界級音楽家を育成

  8. 【立教大学】全留学プログラムで10〜40万円を支給…16年度から「グローバル奨学金」を導入

  9. 【筑波大学】IB教員資格が取得できる「教育学(国際教育)修士プログラム」2017年度に開設

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,028Followers
125Followers

may, 2022

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X