14年度に全国12会場に拡大して実施…英検【CBT(Computer Based Testing)】

ロジカルライティング講座

CBTなら試験結果がその場で判明

「日本英語検定協会」(東京・新宿区)は、「英検」をコンピュータ上で受検する「CBT」(Computer Based Testing)を、2014年度に全国12会場で展開する方針を発表しました。

英検は、これまで全国230都市400ヵ所の公開会場において年3回の検定を行ってきましたが、CBT実施により受験の時間帯や会場を選べるなど、受験者にとって利便性が高まります。

英検CBT1

13年度は東京と川崎で2級と準2級のみCBTが実施されていましたが、14年度は会場数を段階的に増やし、第1回試験(6月1日)では東京3会場 (千代田区、目黒区、中野区) と川崎に加え、名古屋で実施。

第2回試験(10月5日)は全国9会場、第3回試験(15年1月18日)は全国12会場に拡大予定。

英検CBT2

ペーパーでは2週間かかる合否判定も、CBTなら試験後すぐその場で判明。早めに二次試験対策に取りかかれるのもメリットのひとつです。

ちなみに、検定料金は公開会場と同額。

【関連記事】「英検」準2級以上は14年度から900円の値上げ

今後は、団体受検の準会場向けサービスとして、タブレットを使用した受検形式を提供していく予定とのことです。


【英検CBT】

  • 主催:公益財団法人日本英語検定協会
  • 会場:第1回試験/東京3会場 (千代田区、目黒区、中野区) 、川崎、名古屋、第2回試験/全国9会場、第3回試験/全国12会場に拡大予定
[amazonjs asin=”4010947454″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”2013年度版英検2級過去6回全問題集 (旺文社英検書)”]

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,456Followers
125Followers
  1. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  2. 【難民映画祭2022】これまで10万人が参加…難民の困難さを乗り越える…

  3. 【ミライーね!カードゲーム】子どもたちの視点で、楽しみながら未…

  4. 【スタンフォード・オンラインハイスクール校長が教える子どもの『…

  5. 【TOPPA 2022冬】21世紀型リーダーを養成する基礎コース&アフリカ…

  1. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  4. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  5. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

november, 2022

05novallday06Private & International School Fair 2022@クアラルンプール

X