14年度に全国12会場に拡大して実施…英検【CBT(Computer Based Testing)】

CBTなら試験結果がその場で判明

「日本英語検定協会」(東京・新宿区)は、「英検」をコンピュータ上で受検する「CBT」(Computer Based Testing)を、2014年度に全国12会場で展開する方針を発表しました。

英検は、これまで全国230都市400ヵ所の公開会場において年3回の検定を行ってきましたが、CBT実施により受験の時間帯や会場を選べるなど、受験者にとって利便性が高まります。

英検CBT1

13年度は東京と川崎で2級と準2級のみCBTが実施されていましたが、14年度は会場数を段階的に増やし、第1回試験(6月1日)では東京3会場 (千代田区、目黒区、中野区) と川崎に加え、名古屋で実施。

第2回試験(10月5日)は全国9会場、第3回試験(15年1月18日)は全国12会場に拡大予定。

英検CBT2

ペーパーでは2週間かかる合否判定も、CBTなら試験後すぐその場で判明。早めに二次試験対策に取りかかれるのもメリットのひとつです。

ちなみに、検定料金は公開会場と同額。

【関連記事】「英検」準2級以上は14年度から900円の値上げ

今後は、団体受検の準会場向けサービスとして、タブレットを使用した受検形式を提供していく予定とのことです。


【英検CBT】

  • 主催:公益財団法人日本英語検定協会
  • 会場:第1回試験/東京3会場 (千代田区、目黒区、中野区) 、川崎、名古屋、第2回試験/全国9会場、第3回試験/全国12会場に拡大予定
 

関連記事

  1. 【英語検定試験】使えるのはやはり英検?「2016年度推薦入試・AO入試での活用状況」調査

  2. 【準☆イチ02】グローバル教育一貫校で英語をスタート、中1で2級→高1で準1取得(E.I.さん)

  3. 【TOEFL Junior】筑波など6大学が入試で採用…年に1度の試験11/1に実施(10/13〆切)

  4. 【Z会】「レアジョブ」の株式を取得し、2020年を見据えた小中高生向け英語学習サービス開発

  5. 【文科省調査】英語試験免除にみなし満点まで…大学の4割が「外部英語検定試験」を入試に活用

  6. 【グローバル進学04】英検準1級で獲得した英語力は「TOEFL iBT®」でどのように活用できる?

  7. 【グローバル進学06】TOEFL®で高得点をとれば東大や京大にも入りやすくなるってホント?

  8. 【英検】2016年度第1回試験(6月実施)より4、5級で「スピーキング」を導入し3技能対応へ

  9. 【TOEFL】初回講座には20万人が参加…6週間で基礎力アップ、無料オンライン講座9/7スタート

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,547Followers
40Followers
  1. 孫正義育英財団支援金

  2. リクルートスカラシップ学術部門

  3. 柳井正財団海外奨学金

  4. 東京都次世代リーダー育成道場

  5. AFS高校生年間派遣プログラム

  1. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  2. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  3. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X