英語4技能テスト

14年度に全国12会場に拡大して実施…英検【CBT(Computer Based Testing)】

CBTなら試験結果がその場で判明

「日本英語検定協会」(東京・新宿区)は、「英検」をコンピュータ上で受検する「CBT」(Computer Based Testing)を、2014年度に全国12会場で展開する方針を発表しました。

英検は、これまで全国230都市400ヵ所の公開会場において年3回の検定を行ってきましたが、CBT実施により受験の時間帯や会場を選べるなど、受験者にとって利便性が高まります。

英検CBT1

13年度は東京と川崎で2級と準2級のみCBTが実施されていましたが、14年度は会場数を段階的に増やし、第1回試験(6月1日)では東京3会場 (千代田区、目黒区、中野区) と川崎に加え、名古屋で実施。

第2回試験(10月5日)は全国9会場、第3回試験(15年1月18日)は全国12会場に拡大予定。

英検CBT2

ペーパーでは2週間かかる合否判定も、CBTなら試験後すぐその場で判明。早めに二次試験対策に取りかかれるのもメリットのひとつです。

ちなみに、検定料金は公開会場と同額。

【関連記事】「英検」準2級以上は14年度から900円の値上げ

今後は、団体受検の準会場向けサービスとして、タブレットを使用した受検形式を提供していく予定とのことです。


【英検CBT】

  • 主催:公益財団法人日本英語検定協会
  • 会場:第1回試験/東京3会場 (千代田区、目黒区、中野区) 、川崎、名古屋、第2回試験/全国9会場、第3回試験/全国12会場に拡大予定

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X