キーワード

【1000人に調査】英語力が高い人が転職すると年収が1.3倍以上アップするケースが6割以上に

高い英語力は転職にかなり有利

語学力が高い人ほど、希望する会社に転職できるの…?

急速なグローバル化が求められている日本の企業で、英語力はどの程度ニーズがあり、また収入に結びつくのか。グローバルエデュの読者のみなさんなら、興味があるトピックスかと思います。

アンケートサイトを運営する「ゲイン」(東京・港区)が2014年12月に実施した「転職と語学力に関する調査※」によると、首都圏においては「高い英語力は転職にかなり有利」という結果になりました。

※一都三県在住の25~39才の男女会社員(公務員含む)男性500名、女性500名の計1000名を対象に実施

英語と転職

年収が1.3倍になった人は6割以上

まず、転職時に持っているといいと思うスキルや経験は、「コミュニケーション能力」が59.5パーセント、「専門領域の知識や実務経験」が47.8パーセント、「語学・英会話能力」47.5パーセントが上位にランクイン。

実際に希望する会社に転職できた人に、「希望する転職ができたのは、とくにどの資格があったからだと思う?」と聞いたところ、「専門の資格」が13.5パーセント、「TOEICテストなどの語学系資格」が12.3パーセント、「MBA」が4.3パーセントという結果になりました(下のグラフ5参照)。

英語力転職2

TOEICスコア700点以上(以後「英語力が高い人」)だけを見ると、「TOEICテストなどの語学系資格」と答えた人が56.5パーセントともっとも多く(上のグラフ6 参照)、語学力を生かして希望する転職先に就いた人が多いことが判明。

英語力が高い人の約6割が「TOEICテストなどの語学系資格」が転職成功のカギと回答しており、彼らの87.6パーセントが希望する会社へ転職できたとのこと(全体では70パーセント)。

さらに、転職によって年収が1.3倍以上アップした人は全体の27パーセント。なかでも、英語力が高い人は60.4パーセントと2倍以上となりました(下のグラフ8、9参照)。

英語力転職

語学力を磨いておくと、今後もさまざまなチャンスに恵まれる可能性が高まっていきそうですね。


【転職と語学力に関する調査】

  • 調査機関:株式会社ゲイン
  • 調査時期:2014年12月
  • 調査対象:一都三県在住の25~39才の男女会社員(公務員含む)男性500名、女性500名の計1000名

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X