【グローバル子育て01】2才ではじめるべき理由とは? 英語をスタートさせる時期に悩んでます

sevenseas2

英語は何才からはじめるべき?

3才の娘は、現在は公立の保育園に通っており、心身ともに健やかに成長しています。

ただ、やはり気になっているのが「いつから英語をはじめるべきなのか」。英語をはじめるのに適切な年齢は諸説あるかと思いますが、自然に英語がモノにできるのはいまの時期しかないと思っています。

でも、忙しさにかまけて、どのようにスタートを切るべきなのかを決められず、日々が過ぎ去っていきます…

(東京都・3才の娘のママ)

ベストタイミングは「2才」

■なぜ2才がベストなのか

いつから子どもに英語をはじめさせたらいいのか——昨今、どのご家庭でも考えるべき課題になっているかと思いますが、セブンシーズが考えるベストタイミングは「2才」です。

2才からはじめることで、

  1. 「英語脳」を育てることができる
  2. 「英語耳」を育むことができる
  3. ネイティブと同等に発音できるようになる
  4. 苦痛を感じることなく英語が学べる

といったメリットがあります。

1の「英語脳」とは、「英語を英語で解釈する能力」のこと。英語を英語のままインプットして思考し、英語でアウトプットできれば、母語並みのスピードで会話することができますね。

2の「英語耳」は「英語が正確に聞き取れる能力」のことですが、英語耳があれば日本語にない音域の英語も聞き取ることができるようになります。

英語耳が発達することで、3の「ネイティブと同等の発音ができる」につながっていくのです。

このように、英語脳と英語耳を育むことでネイティブ同様のスピードで会話ができるようになりますが、ここまでなら「3才になってからでもいいのでは?」と思われるかもしれません。

2才であることの重要性は、4の「苦痛を感じることなく英語が学べる」にあります。

■旺盛な好奇心が英語学習の味方に

2才といえば、まだ言葉も片言だったり、何か教えても反応が薄い年齢ではありますが、他者の存在がわかりはじめ、興味も出てくる時期。

身体を自在に動かしてみたり、歩いて移動してみたり、色んなものを見たり、口に入れてみたりと、毎日が発見の連続で好奇心も旺盛になります。

言葉も同様に、わかる・わからないは問題ではなく、とにかく使ってみたくなります。

たとえば、リンゴを見て「リンゴ」と言ったり「Apple」と言ってみたり、いろんな呼び方があることを面白いと感じ、好奇心がくすぐられます。これが2才からはじめるよさです。

2才を過ぎると日本語も上達するので、日本語で要求したりわがままも言えるようになりますよね。

日本語が通じるようになると、子どもは今まで使ったことのない英語をわざわざ使おうとはしませんし、年齢が上がるにつれ「なぜ英語も覚えなければいけないんだろう」など、余計なギモンを持つようになります。

娘さんは3才ですが、「英語を学ばせたい」と思い立ったのなら、いますぐはじめることをオススメします。

低い年齢であるほど脳的にも多言語学習に適応しますし、学習の頻度にもよりますが、キレイな発音や英語脳も身につけられる可能性も高くなります。

「苦痛でも頑張れば将来身になる」なんて、子どもは合理的に考えませんよね。旺盛な好奇心を味方に、いますぐ英語をはじめてみてはいかがでしょうか。

【グローバルマインドを育むレッスン01】

思い立ったら吉日。好奇心を味方に、子どもの英語をスタートしてみよう

提供○セブンシーズインターナショナルスクール

 

関連記事

  1. 【セガトイズ】褒めてもらいながら「名人」力を育もう…チャレンジ動画アプリ提供<休校支援>

  2. 【KOOV】トライグループとワオ・コーポレーションと提携し全国でプログラミング講座提供

  3. 【慶應サマースクール2019】迷路ゲームを工作したり、英語で空手も学べる15講座 8/28,29

  4. 【三菱アジア子ども絵日記フェス2017-18】各国の受賞者は国際交流プログラムに参加 1/12〆

  5. 【セサミストリート】お金の使い方や将来の夢、多様性を考える「オンラインキャンプ」8/1, 8

  6. 【Tech Kids CAMP in English 2019春】英語でプログラミングを学ぶ2日間@東京&大阪

  7. 【7月29~31日】自然と英語を楽しむ…日本児童英語振興協会主催「JAPECサマーキャンプ」

  8. 【子供の科学】月額770円で読み放題&会員限定イベントに参加できる「コカネットプレミアム」

  9. 【ベネッセ】3学期の総まとめドリル、日本最大級の電子書籍サービスも無償提供<休校支援>

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,526Followers
40Followers
  1. 【国際高等専門学校】農業×最新技術で地方創生に取り組む…SDGsでイ…

  2. 【北京大学】日本の高校から中国進学を選んだ理由や受験方法、予科…

  3. 【Dot STATION】夏の北京での1週間で高校生はどう変化したか…日中の…

  4. 【芝浦工業大学】2022年度から3年間、学部入学する女子学生130名を…

  5. 【中国】出生率低下抑止に効果的? 英語教育業界取り締まり強化と…

september, 2021

03sepallday【〆切】WFPエッセイコンテスト2021

05sepallday【〆切】おやこ百森留学②③

06sepallday【〆切】IIBCエッセイコンテスト2021

07sepallday【〆切】UWC奨学生説明会2022

08sepallday【〆切】全国高校生・留学生作文コンクール2021

10sepallday【〆切】野村総研「NRI学生小論文コンテスト2021」

10sepallday【〆切】『お米を使ったおかず』と『ごはん』のお弁当レシピコンテスト

10sepallday【〆切】第16回環境絵画コンクール

11sepallday【〆切】国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2021

11sepallday12JASSO海外留学オンラインフェア2021

15sepallday【〆切】グルー・バンクロフト基金2022

17sepallday【〆切】東南アジア小論文2021

18sepallday【〆切】筑波大学「第16回科学の芽賞」

19sepallday国際高等専門学校「オンライン進学説明会」

23sepallday【〆切】Green Blue Education Forumコンクール

26sepallday【〆切】SDGsクリエイティブアワード2021

29sepallday【〆切】筑波大学「高校生アートライター大賞2021」

29sepallday【〆切】IBPグローバル留学奨学金2021

29sepallday【〆切】高校生ビジネスプラングランプリ2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

30sepallday【〆切】AFC U-18

X