【英語力調査】英語教育戦略を図るために、2015年より中高生を対象としたテストを実施

14年度より試験的に実施していく予定

文部科学省は、「初等中等教育段階におけるグローバル人材育成」を目標とした取り組みの一環として、2015年より中高生を対象とした英語力調査のためのテストを実施していくことを決めました。

文部科学省の「初等中等教育段階におけるグローバル人材の育成」資料

文部科学省の「初等中等教育段階におけるグローバル人材の育成」資料

テストは、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を総合的に評価できる内容を想定しており、英検やTOEFLといった検定を行っている外部機関と連携して開発。

14年度より中学3年生と高校3年生を対象に試験的にテストを実施し、15年度からは全国の中学・高校などに導入していく予定。

文部科学省の「初等中等教育段階におけるグローバル人材の育成」資料

文部科学省の「初等中等教育段階におけるグローバル人材の育成」資料

テストの結果から、英語力や学習状況について把握・分析を行い、指導の改善に生かすことにより、今後の英語教育の戦略的な改善を図っていくとのこと。

ちなみに、6月に閣議決定した「第2期教育振興基本計画」では、中学卒業時に英検3級程度、高校卒業時には準2級から2級程度以上の語学力を持つ中高生の割合を、今後5年間で5割に引き上げることを目標に掲げています。

また、「初等中等教育段階におけるグローバル人材育成」では、担当教員の英語力を英検準1級程度以上に引き上げるための「英語教育推進リーダー」養成研修もスタート。

文部科学省の「初等中等教育段階におけるグローバル人材の育成」資料

文部科学省の「初等中等教育段階におけるグローバル人材の育成」資料

都道府県や政令市から英語を得意とする英語教員を集め、外部専門機関と連携し、強化合宿や海外研修を実施。

研修を終えた推進リーダーは指導役となり、5年かけて地域の英語教員の英語力向上を図っていきます。

 

関連記事

  1. 【英語検定試験】使えるのはやはり英検?「2016年度推薦入試・AO入試での活用状況」調査

  2. 【明大・国際日本学部】18年度一般入試で英検準1レベルを英語満点換算、他2科目加算し判定

  3. 【準☆イチ01】小4からラジオ講座で毎日30分独学、中2で2級→高1で準1に合格(R.H.さん)

  4. 【EF EPI 2016】6年で16位もダウン…日本の英語力が世界72ヵ国中35位に低迷する理由とは?

  5. 【英検】1級の50代男性平均年収は1114万円!? 英語力と人生の質は関連するという調査結果

  6. 【英検】受験生対象「英検 2020」&一般対象「英検CBT」の2019年度実施概要をチェック

  7. 【英語教育改革】「ブリティッシュ・カウンシル」のノウハウをもとに英語教員リーダーを養成

  8. 【3月23日】日本英語検定協会が英語4技能検定試験「TEAP」の活用セミナーを大阪にて開催

  9. 【CIEE】上位大学に必要とされるスコアは? 一般入試における「TOEFL iBT」活用状況公開

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,551Followers
40Followers

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

05octallday05novおにぎりアクション2021

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X