【大学入試改革】「英語成績提供システム」の導入を見合わせ、共通テストの英語配点は変更なし

英語4技能テストの活用を見送り

文科省は、2020年4月より運用開始予定の「大学入学共通テスト」における英語民4技能テストを活用した「大学入試英語成績提供システム」の導入を2024年度(2025年1月に実施される試験)に延期すると、2019年11月1日(金)に公表しました。

【関連記事】「大学入試英語成績提供システム」運用のしくみ

導入を見送った理由として、民間の英語4技能実施団体との連携・調整が不十分であることから準備が足りず、また受験料が高額なこと、試験会場が都市に集中しがちなことから、受験生に経済格差・地域格差が生じる可能性があるため、としています。

「大学入試英語成績提供システム」は、11月1日に共通IDの発行申し込みの受付を開始する予定でしたが、この受付も中止しており、すでに郵送などで申込書を提出している場合は11月下旬以降に返送などの手続きがなされる予定です。

また、9月18日から予約申し込みを受け付けていた、日本英語検定協会の受験生向けテスト「英検2020 1 day S-CBT」は、すでに29万4534名からの申し込みがありましたが、検定料の一部金3000円は文科省と協議の上返金するとしています。

2020年度の英語テストについて

英語成績提供システムの導入は延期となりましたが、2020年度共通テストにおける英語テストでは、これまでの発表通り、マーク式の「リーディング」(80分、100点)と「リスニング」(60分/回答時間は30分、100点)、筆記(80分、200点)という配点で実施される予定です。

文科省は、今後は検討会を設置し、1年間をめどに「⼤学⼊試英語成績提供システム」の活用に関して結論を出し、受験⽣が安⼼して試験に臨めるしくみを構築したいとしています。

下の動画は、2019年11月1日に行われた、萩生田光一文部科学大臣の定例記者会見です(「英語の民間検定試験の活用延期」などについて。記者会見の内容をテキストで読む)。


【「大学入試英語成績提供システム」導入を延期】

  • 公表日:2019年11月1日
  • 延期予定時期:2024年度
 

関連記事

  1. 【岐阜大学】地元で活躍するグローバル人材を育成したい…2016年に「国際教養コース」を新設

  2. 【慶應大学】約120の奨学金を用意…奨学基金を約240億円に積み増し、給付型奨学金を大幅拡充

  3. 【千葉大学】飛び入学制度「先進科学プログラム」が2020年度よりプログラマー対象入試開始

  4. 【国連ユース・ボランティア】国連関連機関で5ヵ月間現地での活動に参加できるプログラム

  5. 【早稲田大学国際教養学部】英検とTOEFLを評価…2018年度「英語4技能試験」活用入試導入

  6. 【ICU】5年で教員免許+IB教員資格取得も可能…19年度に21世紀型教員養成プログラム開講

  7. 【広島大学】15年度より4学期制を、16年度新設の「未来創成学部(仮)」では秋入学を導入

  8. 【金沢大学】2017年度より医学類を除く全14学類で「国際バカロレア入試」導入、若干名募集

  9. 【大阪大学】世界トップ10大学への布石…17年度より「世界適塾入試」で多様性のある学生募集

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,547Followers
40Followers
  1. 孫正義育英財団支援金

  2. リクルートスカラシップ学術部門

  3. 柳井正財団海外奨学金

  4. 東京都次世代リーダー育成道場

  5. AFS高校生年間派遣プログラム

  1. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  2. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  3. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X