【大学入試改革】「英語成績提供システム」の導入を見合わせ、共通テストの英語配点は変更なし

英語4技能テストの活用を見送り

文科省は、2020年4月より運用開始予定の「大学入学共通テスト」における英語民4技能テストを活用した「大学入試英語成績提供システム」の導入を2024年度(2025年1月に実施される試験)に延期すると、2019年11月1日(金)に公表しました。

【関連記事】「大学入試英語成績提供システム」運用のしくみ

導入を見送った理由として、民間の英語4技能実施団体との連携・調整が不十分であることから準備が足りず、また受験料が高額なこと、試験会場が都市に集中しがちなことから、受験生に経済格差・地域格差が生じる可能性があるため、としています。

「大学入試英語成績提供システム」は、11月1日に共通IDの発行申し込みの受付を開始する予定でしたが、この受付も中止しており、すでに郵送などで申込書を提出している場合は11月下旬以降に返送などの手続きがなされる予定です。

また、9月18日から予約申し込みを受け付けていた、日本英語検定協会の受験生向けテスト「英検2020 1 day S-CBT」は、すでに29万4534名からの申し込みがありましたが、検定料の一部金3000円は文科省と協議の上返金するとしています。

2020年度の英語テストについて

英語成績提供システムの導入は延期となりましたが、2020年度共通テストにおける英語テストでは、これまでの発表通り、マーク式の「リーディング」(80分、100点)と「リスニング」(60分/回答時間は30分、100点)、筆記(80分、200点)という配点で実施される予定です。

文科省は、今後は検討会を設置し、1年間をめどに「⼤学⼊試英語成績提供システム」の活用に関して結論を出し、受験⽣が安⼼して試験に臨めるしくみを構築したいとしています。

下の動画は、2019年11月1日に行われた、萩生田光一文部科学大臣の定例記者会見です(「英語の民間検定試験の活用延期」などについて。記者会見の内容をテキストで読む)。


【「大学入試英語成績提供システム」導入を延期】

  • 公表日:2019年11月1日
  • 延期予定時期:2024年度
 

関連記事

  1. 【大学入試2015】順天堂大学・医学部「国際バカロレア入学試験」出願期間/10月6~ 24日

  2. 【大学入試2015】早稲田大学・国際教養学部「15年度4月入学AO入試」出願/〜9月19日

  3. 【大学入試2015】横浜市立大学・国際総合科学部「国際バカロレア入試」出願/9月16~18日

  4. 【大学入試2015】上智大学・国際教養学部「2015年度4月入学試験」1期出願/〜10月1日

  5. 【千葉大学】飛び入学制度「先進科学プログラム」が2020年度よりプログラマー対象入試開始

  6. 【10月中旬〆切】アジア5ヵ国の大学生が競う「ASIAN JOB EXPRESS Contest」参加者募集

  7. 【早稲田大学】文化構想学部で70名、文学部で50名募集「4技能試験活用入試」17年度に導入

  8. 【九州大学】4つの試験で105名募集…2018年に文理融合4領域を横断的に学ぶ「共創学部」新設

  9. 【大学入試英語成績提供システム】2回分の成績を提供…20年度運用開始までの流れをチェック

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,425Followers
40Followers

july, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

19junallday06augハーバード大学「高校生サマースクール2021」

28jun(jun 28)06:0430jul(jul 30)06:04「フィリップス・アカデミー2021 summer」オンライン

24julallday【〆切】ブラウン大生から学ぶ「日本お宝探し選手権2021夏」

25julallday美トレ2021

28julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル高校生夏講座②

28julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル小中学生夏講座②

30jul06:1606:16【〆切】ワールド・ビジョン・サマースクール2021

31julallday【終了】「自分ごと化プロジェクト」クラウドファンディング

31julallday【〆切】KOTOWARI会津サマースクール

31julallday【〆切】Z会奨学金2022

X