大学

【近畿大学】1年間の海外留学必須、東アジア専攻は3ヵ国語修得…16年度に「国際学部」開設

ビジネス英語も徹底指導

「近畿大学」(大阪府東大阪市)は、2016年4月に開設予定の「国際学部」についての概要を発表しました。

この新学部は、ベルリッツコーポレーションと連携してグローバル人人材育成を目指すとして、14年5月に「外国語・国際系学部」構想として発表。

【関連記事】近畿大学がベルリッツと連携し16年に新学部開設

近畿大国際学部

学科は「国際学科」1学科のみとなり、「グローバル専攻」と「東アジア専攻」(中国語コース・韓国語)2専攻を設置。

現在、近畿大学・東大阪キャンパスに「国際学部棟」を建設中で、募集人数はグローバル専攻450名、東アジア専攻50名の計500名を予定しています。

学部の特徴は下記のとおり。

  • 15人以下の少人数語学授業。入学時から能力別の語学教育を徹底
  • 学生全員が1年次後期から1年間海外に留学。留学前の語学集中トレーニングと「留学セミナー」などの留学準備教育でスムースに留学できるようサポート
  • 多くのビジネスパーソンを育ててきたベルリッツの語学教育ノウハウを生かし、社会で通用するビジネス英語を身につけられる
グローバル専攻はアメリカ、東アジア専攻では中国・韓国・台湾のいずれかに1年間留学。東アジア専攻は、3ヵ国語を操る人材を育成していく予定です。


【近畿大学「国際学部」】

  • 開設:2016年4月
  • 場所:「近畿大学」東大阪キャンパス(東大阪市小若江3-4-1)
  • 設置学科、専攻:国際学科・グローバル専攻、東アジア専攻(中国語コース・韓国語)
  • 定員:500人(グローバル専攻/450名、東アジア専攻/50名)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X