【7月21~30日】「ミクロネシア諸島自然体験交流事業」に参加したい小中学生48名を募集

ミクロネシアで過ごす10日間プログラム

「国立青少年教育振興機構」は、2014年7月21日(月)~30日(水)に「2014ミクロネシア諸島自然体験交流事業」に参加する小中学生を募集しています。

「国立青少年教育振興機構」は、子供の健全な育成を図る体験活動や読書活動などへの取り組みを支援する独立行政法人。

この事業は「子どもゆめ基金」事業費により実施されますが、参加者はひとりにつき7万5000円の負担が必要となります。

2014ミクロネシア諸島自然体験交流事業2

対象となるのは、日本国内在住の小学5年生から中学2年生までの48名。

「体験の風をおこそう運動推進委員会」の所属団体から推薦を受けた約24名に加え、自然体験活動や青少年活動などに関心を持ち、今後地域でリーダーシップを発揮したい子供を一般から募集。

2014ミクロネシア交流事業2
初日となる7月21日(月)は「国立オリンピック記念青少年総合センター」(東京・渋谷区)に集合し、1泊の事前研修を行います。

その後、参加者は3チームにわかれて、グアム経由にてマーシャル諸島共和国、ミクロネシア連邦(チューク州)、パラオ共和国を訪問。

海や森林での活動プログラム、屋外生活体験、ホームスティ、スポーツやレクレーションなどを通じ、自然のすばらしさや世界の人々と協力することの大切さを学びます。

申し込みは、国立青少年教育振興機構のサイトより「参加申込書」および「健康状態調査票」をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、5月16日(金)までに送付。

参加の可否は、6月2日(月)に通知されるとのことです。


【2014ミクロネシア諸島自然体験交流事業】

  • 主催:国立青少年教育振興機構
  • 期間:2014年7月21日(月)~7月30日(水)
  • 対象:日本国内在住の小学校5年生から中学校2年生
  • 定員:48名
  • 応募締切:2014年5月16日(金)
  • 参加費:7万5000円(往復航空運賃、宿泊費および食事費、研修、見学などのプログラム活動費の一部に充当)
 

関連記事

  1. 【国際ガールズデー2016】女性装の東大教授・安富歩さんと世界の女の子について考える 10/9

  2. 【ヒューマンライツ・ナウ】8/6に開催する「中高生のための人権サマースクール」参加者募集

  3. 【オーストラリア留学フェア2017】60もの教育機関が来日…豪留学の最新情報収をゲット 10/7

  4. 【ガールスカウト】ジェンダー平等実現に向け高校生と行動する「国際ガールズメッセ」10/11

  5. 【7月19、20日】ブラジルの情熱を体感できる「ブラジルフェスティバル2014」@代々木公園

  6. 【Gateway to Science 2019】脳とAIについて学ぶ東工大の中高生親子講座480名 1/26

  7. 【10月3〜4日】林先生と国際協力を学ぶイベントも「グローバルフェスタJAPAN2015」開催

  8. 【10月11日】勇気と希望を共有…国際ガールズ・デー・イベント「羽ばたけ!世界の女の子」

  9. 【5月3〜6日】ラテン文化を満喫…東京と大阪で「シンコ・デ・マヨ・フェスティバル2015」

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,551Followers
40Followers
  1. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  2. 【高校留学奨学金】応募条件や派遣先、大学の進路まで4大プログラム…

  3. 【海外大学奨学金】金額や対象国など…5つの奨学金制度から最適なも…

  4. 孫正義育英財団支援金

  5. リクルートスカラシップ学術部門

  1. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  2. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  3. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  4. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X