グローカル

【2018 Global Teacher】スカイプで世界をつなぐ…米原高校・堀尾美央さんトップ50選出

日本人ではふたり目の快挙

世界の優れた教師を選ぶ「The Global Teacher Prize(グローバルティーチャー賞)2018」のトップ50名に、2017年12月、日本人で唯一「滋賀県立米原高校」の教諭、堀尾美央さんが選ばれました。

この快挙は、2016年にトップ10に選ばれた工学院大学附属中学校(東京・八王子市)の髙橋一也さん以来、日本人ではふたり目となります。

【関連記事】グローバルティーチャー2016のトップ10に選ばれた髙橋一也さん

「教育界のノーベル賞」とも呼ばれるThe Global Teacher Prizeは、英国の教育団体「バーキー財団」が毎年主催しているイベントで、もっとも優れた先生には賞金100万ドルが授与されます。

2月にトップ10が発表

4年目となる2018年は、2017年10月8日(日)に締め切られるまでに、世界173ヵ国から約3万件の応募(推薦含む)があったそう。2月にファイナリスト10名が選ばれ、3月18日(日)にドバイで開催される授賞式で優勝者が発表される予定です。

堀尾さんは、スカイプでケニアやベトナム、スペインなど25ヵ国以上のコミュニティとつながり、米原高校において交流授業を行なっているほか、全国でスカイプの体験型授業学習会を開催するなど、革新的な教育方法やその取り組みが評価されました。

なお、堀尾さんはこれまでにも、JICAが主催する「グローバル教育コンクール」において、「“Skype in the Classroom”: Skypeを活用した普遍的なグローバル教育」という取り組みで、「2016年度独立行政法人国際協力機構理事長賞」を受賞しています。

現在は、カンボジアの学校と連携し、もっとも貧しい地域の子どもたちが英語を学び、コミュニケーションスキルを向上させ、仕事の選択肢を増やす支援するも行なっているそうです。

The Global Teacher Prize


【The Global Teacher Prize(グローバルティーチャー賞)2018】

  • 主催:バーキー財団
  • 応募総数:約3万件(世界173ヵ国)
  • 応募締切:2017年10月8日(日)
  • トップ50発表:2017年12月
  • トップ10発表:2018年2月
  • 授賞式:2018年3月18日(日)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X