【AIG高校生外交官2021】3週間米国に派遣する40名、13日間日本で共同生活20名 1/31〆

準一講座

2020年は中止となったけど…

日本の高校生と米国の高校生がそれぞれの国の外交官として交流する「AIG高校生外交官プログラム2021」は、高校23年生を対象とする参加者60名(渡米プログラム40名、日本プログラム20名)を、2021131日(日)まで募集しています。

このプログラムは、「高校生外交官」として日米の高校生がさまざまな交流を通して、異文化を学び、将来の国際的リーダーを目指す目的で行われ、滞在費・食費・授業料を含む参加費は、AIG損害保険とフリーマン財団からの協賛金・寄付金で賄われます。

2020年の夏は、コロナ禍により残念ながら渡米プログラム、日本プログラムともに中止となりましたが、2021年は感染状況や国際情勢を鑑みて実施される予定となっています。

3週間たっぷり米国を満喫

渡米プログラムは、2021713日(火)〜83日(火)の3週間、日本の高校生を米国に派遣。1987年の発足以来、これまで1500名を超える高校生が米国に派遣され、ツアー、ホームステイのほか、現地で同数の米国の高校生とエクスチェンジプログラムに参加しています。

【関連記事】2018年の渡米プログラム参加者によるレポート

「ツアー」では、ワシントンD.C.、ニューヨークの要所をめぐり、政治・経済・歴史・文化について、多角的な視点から米国の理解を深めます。

「ホームステイ」では米国の日常生活を送り、「エクスチェンジ」では日米の高校生がルームメイトペアを組んで10日間の共同生活を送ります。

日本で過ごす英語漬けの13日間

日本プログラムでは、2021722日(木)〜83日(火)の13日間、来日した米国の高校生を受け入れ、研修センターでの共同生活を通して日米相互の文化交流を図ります。英語のみの環境で生活することによって、日本にいながらにして海外にいるような経験ができるのも魅力。

「ツアー・ホームステイ」では米国高校生が日本と歴史・文化・政治・経済を学ぶために日本国内をめぐり、ホームステイを通して日本での生活を体験。「エクスチェンジ」では、渡米プログラム同様に日米の高校生が共同生活を送ります。

*      *      *

応募方法は、AIG高校生外交官プログラム」サイトからダウンロードした必要書類に必要事項を記入し、エッセイを提出。

3月初旬までに書類選考の結果が通知され、通過者はオンラインによる2次選考が行われ、最終的な結果は4月初旬までに通知されます。


AIG高校生外交官プログラム2021

  • 主催:AIG高校生外交官プログラム実行委員会
  • 日程:渡米プログラム/2021713日(火)〜83日(火)、日本プログラム/722日(木)〜83日(火)
  • 対象:高校23年生
  • 募集人数:渡米プログラム/40名(男女各20名) 日本プログラム/20名(男女各10名)
  • 応募締切:131日(日)
グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,420Followers
125Followers

august, 2022

11julallday08augJASSO海外留学オンラインフェア2022

12augallday【締切】「スタンフォード e-Japan」2022秋コース

14augallday【〆切】TOPPA!!「ソーシャル・イノベーションコース」

14augallday【〆切】英検合格を目指す「準イチ追込部」

15augallday【〆切】1日起業体験プログラム「DECA JAPAN 起業祭2022」

20augallday【〆切】TOPPA!!「リーダー・インキュベートコース」

24augallday【〆切】上智大学「全国高校生英語弁論大会2022」(ジョン・ニッセル杯)

25augallday【締切】慶應大学「小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」

31augallday【締切】U-22プログラミング・コンテスト2022

31augallday【締切】ボランティア・スピリット・アワード2022

X