高校

【AIG高校生外交官2019】参加は無料!米国に派遣する40名&日本で交流する20名 1/31〆

日本と米国を体感する高校生プログラム

「AIG高校生外交官プログラム2019」は、日本の高校生と米国の高校生がそれぞれの国の外交官として交流を図るプログラムに参加を希望する高校2、3年生を、2019年1月31日(木)まで募集しています。

この「AIG高校生外交官プログラム」は、「AIU保険会社」と「米国フリーマン財団」による協賛金をもとに「AIG高校生外交官プログラム実行委員会」により独自に運営されているプログラム。

外交官プログラムには、日本の高校生をアメリカに派遣する「渡米プログラム」と、アメリカの高校生を日本に招いて実施される「日本プログラム」があります。渡米プログラムでは40名(男女各20名)を、日本プログラムでは20名(男女各10名)を募集します。いずれのプログラムも、参加は無料。

対象となるのは、高校等の学校長の推薦を受けた高校2、3年生で、1校につき男女各2名(共学でない場合には男女いずれか4名)まで応募が可能。また、米国派遣プログラムには、中学校入学以降合計365日以上の海外滞在経験を持たない人(留学、旅行も含む)といった応募条件があります。両方のプログラムに併願することも可能。

申し込み方法をチェック

「渡米プログラム」では、高校生40名を、2019年7月16日(火)~8月6日(火)の3週間に渡りアメリカに派遣(東京で実施されるオリエンテーション含む)。

ワシントンD.C.やニューヨークを訪問するツアー、ホームステイ、プリンストン大学でのエクスチェンジプログラムを行います。

【関連記事】2017年の米国派遣プログラムのレポート
【関連記事】2018年の米国派遣プログラムのレポート

「日本プログラム」では、7月25日(木)~8月76日(火)の約2週間、日本の高校生20名とアメリカ人高校生が京都で共に過ごします。

日本文化を学ぶクラブ活動のほか、社会のさまざまなテーマをディスカッションしたり、英語や文化を学べるクラスなどのプログラムに参加します。

応募方法は、参加申込書(Excel)をダウンロードして応募者ごとに情報を記入し、学校がメールにて送付。さらにエッセイフォームなどをダウンロードし、必要事項を記載したものを学校が取りまとめて郵送します。

選考は、書類選考を通過した人のみ3月に実施される2次試験(英語試験、面接、グループ実習)に進みます。合否結果は4月初旬までに学校と本人に郵送で届くそうです。

なお、2018年12月16日(日)には、2018年のプログラム参加者たちによる報告会が「大手前学院中学・高等学校」(大阪市)で開催されるそうなので、興味のある人は参加してみては?(申し込みはコチラから

詳しくは、「AIG高校生外交官プログラム」公式サイトで確認を。


【AIG高校生外交官プログラム2019<渡米プログラム>】

  • 主催:AIG高校生外交官プログラム実行委員会
  • 日程:2019年7月16日(火)~8月6日(火)
  • 場所:ワシントンD.C.、ニューヨーク、プリンストン大学など
  • 対象:高校2、3年生
  • 募集人数:合計40名(男女各20名)
  • 応募締切:2019年1月31日(木)

【AIG高校生外交官プログラム2019<日本プログラム>】

  • 主催:AIG高校生外交官プログラム実行委員会
  • 日程:2019年7月25日(木)~8月6日(火)
  • 場所:京都市
  • 対象:高校2、3年生
  • 募集人数:合計20名(男女各10名)
  • 応募締切:2019年1月31日(木)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X