【Classi】新大学入試で評価される高校の活動記録「eポートフォリオ」機能を18年4月に追加

TOEFLレベルチェック

Classiにポートフォリオ機能を追加

「ベネッセ」と「ソフトバンク」の合弁会社である「Classi(クラッシー)」は、学習支援プラットフォーム「Classi」の新機能「Classiポートフォリオ」を、2018年4月10日(火)より提供を開始しました。

クラッシーは、先生・生徒・保護者がつながる学習支援プラットフォーム。最適な学習をレコメンドするアダプティブ・ラーニング学習動画や5万問の問題集などの学習コンテンツ、校内グループ情報、生徒カルテなどを提供することにより、学校活動全体のICT化を支援するサービスです。

学習支援プラットフォーム「Classi」。

「Classiプラットフォーム」機能が追加されることで、Classi IDでパートナーの教育サービスを利用できたり、教育環境の変化や学校課題に応じてあらゆる学校活動のICT化をサポート可能となるそうです。

新大学入試対応も万全

2020年度に迫った大学入試改革では、従来の筆記試験に加えて、本人が記入する学習データ(eポートフォリオ)を積極的に評価するなど、多面的・総合的な能力や適性を評価する試験へ転換が図られる予定です。

生徒はより主体的に学ぶこと、先生は生徒の成長を点ではなく線でとらえた指導が求められるようになるため、先生・生徒を支援するためにClassiポートフォリオを開発したのだそう。

Classiポートフォリオでは、eポートフォリオが蓄積できるのに加え、生徒が日々の学校生活のなかで得た学びや気づきを、スマホやタブレットなどで記録。生徒の自問自答を深めるために最適なテンプレートも複数用意。

2019年度大学入試からは、文科省が運営する高大接続ポータルサイト「JAPAN e-Portfolio」とも連携。

さらに、教育と探求社が150校以上に提供する「クエストエデュケーション」と連携し、スポーツ、医療、ビジネス、グローバルなどの第一人者の人生を教材にしたものや、身近な地域の社会課題の解決に取り組むプログラムを配信し、深い学びの実践やキャリア教育につなげていくそうです。

Classi


【Classiポートフォリオ】

  • 提供元:株式会社Classi
  • 開始日:2018年4月10日(火)
  • 対象:小学校、中学校、高校

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,447Followers
125Followers
  1. 【SHIBUYA ART AWARDS】2022年のテーマは「Contact 接点の質感」…未…

  2. 【みてね基金】家族を取り巻く社会課題解決に取り組む非営利団体に…

  3. 【多摩美術大学】自由闊達な美大講師の視点に学ぶ新・教養講座「TAM…

  4. 【子どもたちに大切なことを脳科学が明かしました】親が知っておき…

  5. 【マンガでよくわかる! 英語が好きになる本】韓国の子どもたちを英…

  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  3. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  4. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  5. 国際高等専門学校(International College of Technology)

october, 2022

02octalldayPrivate & International School Fair 2022@ペナン

10octallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」

15octalldayPrivate & International School Fair 2022@ジョホール

15octallday【〆切】テンプル大学ジャパンキャンパス「持田・ストロナク全額奨学生」

X