【DECA JAPAN】麻布、渋幕、IB校生も夢中で学ぶ…未来を生き抜く「起業教育プログラム」7月期生3校募集 7/13〆

毎月3校に起業教育プログラムを無償提供

アントレ(起業)教育でグローバルリーダーを育成する団体「DECA JAPAN(デカ・ジャパン)」(和歌山市)は、2週間をかけてじっくり学ぶ「起業教育プログラム by DECA JAPAN 2020年7月期生」への参加高校3校を、2020年7月13日(月)まで募集しています。

「DECA JAPAN」(「一般社団法人カピオンエデュケーションズ」が運営)は、高校生に未来を生き抜くための「ピンチをチャンスにする力」を身につけてほしいと、2020年度は起業教育を無償にて提供。写真は、2020年1月に開催された「DECA JAPAN国内大会2020」のもの

この起業教育プログラムは、新型コロナウイルス感染拡大により休校となった高校生を対象に、2020年5月より提供されているもので、これまで5月に「麻布学園高校」(東京・港区)、6月に「AICJ高校」(広島市)、7月に「渋谷教育学園幕張高校」(千葉市)、「加藤学園曉秀高校」(静岡県沼津市)の生徒が参加。

20年度内は、7月期以降も全国の高校から毎月3校を公募し、スポンサー協力のもと無償にて同プログラムを提供していきます。

AO入試や留学に使えるスコアシートを発行

DECA JAPANの起業教育プログラムの魅力は、なんといっても2週間に渡り起業経験者や公認会計士などからなるメンター陣からの親身な指導を受けながら、実社会に通用するビジネスプランについて学べること。

さらに、プログラムの最終日には、各チーム渾身のプランをコンテストにて発表します。

プログラムは、Zoomなどを介してすべてオンラインにて行われるため、自宅からでも安心して参加できる。写真は、リーダーの生徒とメンターとの打ち合わせの様子

また、コンテストではそれぞれのプラン(事業計画書)がスコアで評価され、プラン策定で問われている項目について正確かつ十分に説明できたかを認定します。

なお、「DECA」とは米国発の次世代リーダー育成組織で、1946年の設立以降1000万人以上の高校生や大学生、教育者が参加したグローバルなビジネス&起業学習プログラム。

同時に、DECAは米国ではSATやACTのように大学入学に重要な指標となる試験としても認知されており、今回発行されるスコアシートも留学やAO入試に活用することができます。

未来について考え、進路も切り拓く2週間

起業を学ぶことを通じて社会と主体的に関わり、自分の可能性を見つける経験が、参加した高校生たちの進路にも大きな影響を与えています。

5月に実施した「麻布学園高校」プログラムには、高3が9名(米国留学先からの1名含む)、高2が4名、中2が1名の計14名(5チーム)が参加。

【関連記事】休校中の麻布生がオンラインコンテストで「未来へ提案」

オンラインでビジネスを学び、アドバイザーによるメンタリングを受けながら、テクノロジーを使って世の中の問題を解決するプランづくりに挑戦しました。

DECA JAPANと麻布高校との取り組みは、コロナ休校中における高校生たちの優れたアクションとして、テレビ番組や雑誌などでも紹介された

コンテストはzoomで一般公開され、各チームはそれぞれ8分間でビジネスプランを発表。第一線で活躍している起業家など5名の審査員により審査が行われます。下の動画がダイジェスト版になるので、ぜひ視聴してみてくださいね。

チームで懸命に取り組んだ2週間は、学校生活では体験できない「未来を考える時間」となり、プログラム終了後は、実際に商品化を視野に企業と話し合いを進める生徒や、スコアシートを成果としてAO入試に挑戦予定の生徒もいます。

仲間に声をかけて、応募を検討してみよう

2020年度7月期生の申し込みの手順とスケジュールは、下記のとおり。

  • 7月13日(月)16時…学校のリーダー生徒からのDECA事務局へ応募(締め切り日)
  • 7月15日(水)午前…事務局より参加可否の連絡
  • 7月15日(水)〜18日(土)正午まで…参加校の生徒は事前課題に各自取り組む(所要時間30分)
  • 7月18日(土)16時〜17時…参加校生徒に向けたプログラムの説明&オリエンテーション
  • 7月19日(日)〜31日(金)…2週間をかけて、ビジネスプランに取り組む(メンタリング2〜3回)
  • 8月1日(土)もしくは2日(日)…オンラインコンテストにてプランを発表

なお、本プログラムは各校12名以上の参加者が必要条件。リーダーが応募する時点では揃っていなくても大丈夫ですが、応募を決めたらすぐに仲間に声をかけておきたいですね。

中高一貫校の場合、中学生の参加も可能です(ただし、しっかりプログラムにコミットできることが条件)。

参加を希望する人は、「DECA JAPAN」公式サイトのフォームに必要事項を記載のうえ応募してください。


【「起業教育プログラム by DECA JAPAN」2020年度7期生】

  • 主催:DECA JAPAN(「一般社団法人カピオンエデュケーションズ」運営)
  • 日程:2020年7月15日(水)〜8月1日(土)もしくは2日(日)
  • 参加資格:全国の高校生(各校12名以上の参加生徒がいること)
  • 募集校:3校
  • 参加:無料
  • 応募締切:7月13日(日)
 

関連記事

  1. 【ジュニア・アチーブメント2020】3ヵ国の高校生多国籍チームで旅行プランを立案 7/22〆

  2. 【HLAB2017】全国4ヵ所で8月に開催するサマースクールへの参加高校生240名募集 6/12〆

  3. 【スーパーグローバルハイスクール】SGH各校の活動内容や最新情報を入手できる公式サイト開設

  4. 【小松サマースクール2019】リベラルアーツ式プログラムで未来の自分を考える60名 5/27〆

  5. 【3月3日〆切】社会的課題に取り組む「全国高校生 MY PROJECT AWARD」参加30組募集

  6. 【秋田】国際教養大学とも連携…16年にグローバル人材育成を目的とした中高一貫教育校開校

  7. 【武蔵野美術大学】アートに触れ、問いをカタチにする…高校生オンライン探究プログラム40名 8/15〆

  8. 【AIG高校生外交官2021】3週間米国に派遣する40名、13日間日本で共同生活20名 1/31〆

  9. 【都立国際高等学校】「国際バカロレアコース」検査サンプル問題をチェック(英、数、小論文)

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,551Followers
40Followers
  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 【高校留学奨学金】応募条件や派遣先、大学の進路まで4大プログラム…

  4. 【海外大学奨学金】金額や対象国など…5つの奨学金制度から最適なも…

  5. 孫正義育英財団支援金

  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  4. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  5. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X