【English 4skills】NTTドコモ×EduLab18年度より学校向け英語4技能学習サービス開始

ドコモが放つ英語教育サービスとは?

「NTTドコモ」(東京・千代田区)と、英語関連システムの開発・運用を手がける「EduLab」(東京・港区)は、学校向け英語4技能学習サービス「English 4skills」の提供を、2018年4月2日(月)より開始しました。

このサービスでは、スマートフォン、タブレット、パソコンを利用した英語4技能学習と、生徒の技能ごとの実力を手軽に測れるテスト(各技能テスト受験時間は約20分、10段階およびCEFRのA1~B1で即時に判定)を実装。

生徒は「話す」トレーニングでは、英語を話した解答が自動採点され、英語を実際に声に出して話す機会を増やすなど、レベルに合わせた学習が可能。

  • 読む…英文を読み、出題された問題に解答する
  • 聞く…英語音声を聞き、出題された問題に解答する
  • 話す…スマートフォンやタブレット、パソコンに向けて、実際に声に出して英文を読み上げ
  • 書く…出題された問題の回答をスマートフォンやタブレット、パソコンもしくは自身のノートに書き出す

先生向けには、生徒の学習状況を確認しながら個別に課題のオンライン配信や添削、授業で使えるワークシート付き動画などが提供されます。

今後は、英検対策コンテンツ(英検5級~2級相当の問題)や、1〜2分程度の英会話動画をCEFR別・ジャンル別に検索したり、希望の大学の入試に必要な検定試験の情報や過去問を検索可能とすることで進路指導にも活用できる予定とのことです。

English 4skills


【English 4skills】

  • 運営:NTTドコモ、EduLab
  • 提供開始:2018年4月2日(月)
  • 料金:利用ID数により異なる
 

関連記事

  1. 【英検】2016年度第1回試験(6月実施)より2級に「ライティング」を追加し、4技能を認定へ

  2. 【英検】受験生対象「英検 2020」&一般対象「英検CBT」の2019年度実施概要をチェック

  3. 【TOEFL Essentials】100ドル程度&1時間半で自宅オンライン受験できる新テストが2021年8月にスタート

  4. 【英語4技能テスト】一般入試での活用は2.2倍増…2017年度最新大学入試トレンドが明らかに

  5. 【英検】2級以上にライティング導入、3級以外問題形式変更…16年度「4つの変更点」まとめ

  6. 【ベネッセ】大学入試の外部英語検定試験採用を前提に開発…14年8月より「GTEC CBT」開始

  7. 【英語力調査】英語教育戦略を図るために、2015年より中高生を対象としたテストを実施

  8. 【グローバル進学05】国内&海外トップ大ダブル合格を狙う高1理系男子、準備はどう進めればいい?

  9. 【英検2020】2019年度に開始する、英検の「新大学入試対応型」2テストの正式名称が決定

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,040Followers
125Followers

may, 2022

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X