【English 4skills】NTTドコモ×EduLab18年度より学校向け英語4技能学習サービス開始

ドコモが放つ英語教育サービスとは?

「NTTドコモ」(東京・千代田区)と、英語関連システムの開発・運用を手がける「EduLab」(東京・港区)は、学校向け英語4技能学習サービス「English 4skills」の提供を、2018年4月2日(月)より開始しました。

このサービスでは、スマートフォン、タブレット、パソコンを利用した英語4技能学習と、生徒の技能ごとの実力を手軽に測れるテスト(各技能テスト受験時間は約20分、10段階およびCEFRのA1~B1で即時に判定)を実装。

生徒は「話す」トレーニングでは、英語を話した解答が自動採点され、英語を実際に声に出して話す機会を増やすなど、レベルに合わせた学習が可能。

  • 読む…英文を読み、出題された問題に解答する
  • 聞く…英語音声を聞き、出題された問題に解答する
  • 話す…スマートフォンやタブレット、パソコンに向けて、実際に声に出して英文を読み上げ
  • 書く…出題された問題の回答をスマートフォンやタブレット、パソコンもしくは自身のノートに書き出す

先生向けには、生徒の学習状況を確認しながら個別に課題のオンライン配信や添削、授業で使えるワークシート付き動画などが提供されます。

今後は、英検対策コンテンツ(英検5級~2級相当の問題)や、1〜2分程度の英会話動画をCEFR別・ジャンル別に検索したり、希望の大学の入試に必要な検定試験の情報や過去問を検索可能とすることで進路指導にも活用できる予定とのことです。

English 4skills


【English 4skills】

  • 運営:NTTドコモ、EduLab
  • 提供開始:2018年4月2日(月)
  • 料金:利用ID数により異なる
 

関連記事

  1. 【英語検定試験】使えるのはやはり英検?「2016年度推薦入試・AO入試での活用状況」調査

  2. 【レアジョブ本気塾Workshop】3ヵ月で実践的な英語力を身につけるプログラム2017年1月開始

  3. 【国家公務員総合職試験】15年度よりTOEFL、TOEIC、IELTS、英検の成績を得点に反映

  4. 【グローバル進学05】国内&海外トップ大ダブル合格を狙う高1理系男子、準備はどう進めればいい?

  5. 【DMM英会話】ピアソンの英語力指標「GSE」を採用し、10レベルで教材が選べるしくみ導入

  6. 【英検】1級の50代男性平均年収は1114万円!? 英語力と人生の質は関連するという調査結果

  7. 【トライズ05】4ヵ月で「英語が聞こえる」と実感し「もっと伝えたい」と思えるまで〜学習編③

  8. 【グローバル進学02】英検準1級の高1男子がハーバード大学に合格するための戦略とは?

  9. 【英検2020】2019年度に開始する、英検の「新大学入試対応型」2テストの正式名称が決定

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,551Followers
40Followers
  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 【高校留学奨学金】応募条件や派遣先、大学の進路まで4大プログラム…

  4. 【海外大学奨学金】金額や対象国など…5つの奨学金制度から最適なも…

  5. 孫正義育英財団支援金

  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  4. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  5. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X