大学

【Go Global Gateway】東大全学生を対象に国際感覚を鍛える制度が2018年度よりスタート

「グローバルが大前提」となった東大

「東京大学」(東京・文京区)は、同学の全学生を対象とした国際総合力認定制度「Go Global Gateway」を、2018年4月より開始しました。

「Go Global Gateway」は、大学生活を通じて世界の多様な人々と共に生き、共に働く力(国際総合力)を身につけてもらいたいとスタート。指定された条件を満たした学生は、国際総合力の基礎的な力が身についたものとし、認定証が授与されます。

国際総合力とは、以下のような5つの力で構成されるそうです。

  1. コミュニケーションの力をつける
  2. 自信を持って挑戦する
  3. 自らを開き、多様性を受け入れる
  4. 他者と協働し、リーダシップをとる
  5. 自己を相対化し、国際感覚をもつ

認定までは、下記のような4ステップとなっています。

  1. Go Global Statementを提出…国際総合力を身につけるために、在学中に何をするべきか、どのように国際総合力を身につけたいかを書いて提出
  2. アクティビティに取り組む…4つのカテゴリのアクティビティから3カテゴリ以上に取り組む。アクティビティに参加したら、サイト上から承認申請
  3. ポートフォリオを作る…アクティビティが承認されると、活動記録として各学生のポートフォリオに反映される
  4. 認定申請レポートを提出…国際総合力の5つの要素について、自分がいかに身につけたか、どれだけ身につけたかなどを評価。レポートが承認されると、認定証が発行される

具体的には何をするの?

アクティビティは4種類あり、そのうち3つ以上に取り組みます。

  1. 外国語学修…前期課程外国語科目の後期課程進学必要単位の取得(必須)、第三外国語科目の単位取得(このカテゴリの活動は原則学内のプログラム)
  2. 授業・コース…東大で行われる講義の単位取得、MOOCsの修了、サマープログラム・ウインタープログラム等の修了
  3. 海外経験…留学やボランティアなどの海外経験。学外のプログラムも対象
  4. 国際交流活動…母語以外で開催される講演会・イベントへの参加、国際交流イベントの運営・企画、日本国外で行われる本学のPR活動参加・協力など

アクティビティは学内のものに限らず、大学が承認した活動は活動記録を残すことが可能。また、認定証を受けた後も、認定を受けた学生向けの海外留学プログラム(奨学金付き)や、イベントを予定しているそうですよ。

このGo Global Gatewayを推進する矢口祐人教授も、「これからの学生はグローバルであることが大前提である」と、下のビデオで語っています。本当にその通りですよね!

「Go Global Gateway」公式サイト


【Go Global Gateway】

  • 運営:東京大学グローバルキャンパス推進本部「国際化教育支援室」
  • 開始:2018年4月
  • 対象:東大の全学生

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X