大学

【HLAB】ハーバードも寮運営を再設計中…住みながら学ぶ「教育機関としての寮」を協業展開へ

日本にも「教育機関としての寮」を実現

「HLAB(エイチラボ)」(東京・目黒区)と「UDS」(東京・渋谷区)は、「住む」と「学ぶ」が一体となった教育寮展開に向けたパートナーシップを、2018年2月に締結しました。

UDSとHLAB協業第一弾となる、2018年3月に開業する学生レジデンス「NODE GROWTH 湘南台」。

HLABといえば、高校生と海外大学生が寝食を共にして学ぶレジデンシャル(寄宿型)リベラル・アーツによるサマースクールでおなじみですが、東京・中目黒にはすでに実験的教育寮「THE HOUSE by HLAB」を運営しています。

UDSは、国内外でコーポラティブハウス、ホテル・ホステル、シェアハウス、アフタースクールなど多岐にわたる「場」の企画・設計・運営し、「まちづくりは人づくり」の視点で、未来を担う子どもや学生のための環境作りにも取り組んでいます。

ハーバードも寮運営を再設計

世界の教育は、デジタル化の流れにより、良質な教育コンテンツに無料もしくは低価格でアクセスができるようになり、「授業コンテンツ」が中心の教育から、「コミュニティ」「住環境」が中心の教育へと移行しており、米ハーバード大学も教育機関としてのミッションを「多様な住環境の提供」に変更し、寮建築と運営の再設計を行っているそうです。

今回パートナーシップを結んだ「教育寮」においては、HLABの住環境を通した教育におけるソフト面の知見や高校・大学とのネットワーク、そして学生寮の企画・設計・運営を行うUDSの知見を組み合わせ、「住むこと」と「学ぶこと」が一体となった居住型教育施設とを目指します。

第一段階の取り組みとして、2018年3月に湘南台に開業する学生レジデンス「NODE GROWTH 湘南台」の入居学生向けプログラム運営における協業を行っており、今後は小田急沿線沿いを中心に「教育機関としての寮」の実現を目指していくそうです。


【NODE GROWTH 湘南台】

  • 運営:UDS株式会社
  • 開設:2018年2月(予定)
  • 所在地:神奈川県藤沢市湘南台1-3-1
  • 部屋数:全158室(鉄筋コンクリート造 10階建)
  • 部屋面積:15.45平米~17.45平米
  • 付属設備:バスまたはシャワー、トイレ、独立洗面台、付属備品、照明、デスク、イス、ベッド台、壁面収納、ハンガーラック(バトン)、シューズラック、Wi-Fi、光回線インターネット
  • 賃料:月額6万1500円~6万9500円、食費2万1600円、共益費1万8500円など ※別途入館料として、1年契約/15万円、2年契約/20万円

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X