【高校生ニッポン文化大使2017】フランス人高校生と日本文化を学び魅力発信12名募集 1/9〆

ロジカルライティング講座

高校生文化大使になろう

「文化庁」と「朝日新聞社」は、国際交流しながら日本文化を学び、その魅力を「大使」として発信するプログラム、「高校生ニッポン文化大使2017」に参加する高校生12名(日本人、フランス人それぞれ6名を想定)を、2018年1月9日(火)まで募集しています。

このプログラムは、日仏友好160周年を記念して、ゴッホやドガらフランス近代絵画の巨匠にも影響を与えた絵師「北斎」をテーマに、2018年1~3月にかけて、東京都内の国公立ミュージアム等の協力のもと特別な教育・交流プログラムを提供するというもの。

応募条件やスケジュールについて

応募条件は下記の通り。

  • 高校生であること
  • 都内の博物館等で行われる計5日間の全プログラムに参加できること
  • 日本語もしくはフランス語に加えて英語で日常的なコミュニケーションができること
  • この高校生文化大使の活動への参加について、事前に保護者の承諾を得ていること

5日間のプログラムのスケジュールは、下記の通り。

  • 1月27日(土)10時〜15時30分…オリエンテーション、文化プログラムについて、北斎を知ろう(すみだ北斎美術館)、日本絵画と西洋絵画の違いを考えよう(東京都江戸東京博物館)、北斎ゆかりの地を歩こう(墨田区内)
  • 2月2日(金)17時〜21時…浮世絵と日本美術をお皿にデザインするワークショップ(東京国立博物館・本館地下1階「みどりのライオン 教育普及スペース」)
  • 2月5日(月)17時〜20時…浮世絵版画制作の実演見学と摺り体験(アダチ伝統木版画技術保存財団 常設展示場)
  • 2月10日(土)10時〜16時…発表準備、PR動画撮影(東京都江戸東京博物館、墨田区内)
  • 3月16日(金)17時〜18時…発表会・大使任命式(東京国立博物館・平成館大講堂)

参加を希望する人は、特設サイトのフォームから応募を。応募多数の場合は抽選となり、1月22日(月)までに応募者全員に参加可否の結果がメールもしくは郵送で通知されるそうです。

詳しくは、新聞デジタル内「高校生ニッポン文化大使2017」公式サイトで確認してください。


【高校生ニッポン文化大使2017】

  • 主催:文化庁、朝日新聞社
  • 活動期間:2018年1月27日(土)~3月16日(金)
  • 活動場所:東京都内(東京国立博物館、東京都江戸東京博物館、すみだ北斎美術館、アダチ伝統木版画技術保存財団常設展示場、墨田区内の北斎ゆかりの地)
  • 募集人数:12名(日本人6名、フランス人6名を想定)
  • 参加:無料 ※会場までの交通費、昼食費用等の諸雑費は自己負担
  • 応募締切:2018年1月9日(火)

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,459Followers
125Followers
  1. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  2. 【難民映画祭2022】これまで10万人が参加…難民の困難さを乗り越える…

  3. 【ミライーね!カードゲーム】子どもたちの視点で、楽しみながら未…

  4. 【スタンフォード・オンラインハイスクール校長が教える子どもの『…

  5. 【TOPPA 2022冬】21世紀型リーダーを養成する基礎コース&アフリカ…

  1. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

november, 2022

05novallday06Private & International School Fair 2022@クアラルンプール

X