高校

【JAXA】春は宇宙開発に挑戦「種子島エアロスペーススクール2019」高校生24名 1/17〆

種子島で宇宙について考える5日間

「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」は、2019年3月25日(月)~29日(金)の4泊5日で実施する、高校生対象「種子島エアロスペーススクール2019」への参加者24名を、1月17日(木)まで募集しています。

種子島宇宙センター 大型ロケット発射場(写真提供/JAXA)。

対象となるのは、高校1~3年生、中等教育学校後期課程4~6年生、高等専門学校1~3年生で、参加条件は、1)全日程に参加できる、2)日本語での受講が可能、3)心身ともに健全であり、団体生活に適応できること、となっています。

このプログラムでは、チームで協力してミッションに取り組み、「2040年に打ち上げるロケットとその発射場」をテーマに、高校生ならではの発想力で将来の宇宙開発を考えます。

  • 1日目…開校式、講義「種子島宇宙センターについて」「日本のロケット開発」、実習「モデルロケット制作」
  • 2日目…講義「新型ロケット」、実習「モデルロケット打ち上げ」、講義「計画系のお仕事」「射点系のお仕事」、グループディスカッション
  • 3日目…講義「射点系」、実習「RCC(総合指令棟)シミュレーション体験」、見学「種子島宇宙センター施設設備」、グループディスカッション、職員交流会
  • 4日目…グループ発表準備、ミッション報告会、閉校式
  • 5日目…解散

なお、集合・解散場所(高速で船移動する場合は「西之表港」、飛行機で移動する場合は「種子島空港」)までは各自で移動する必要があります(交通費も各自負担)。

参加を希望する人は、「宇宙航空研究開発機構」公式サイトのフォームから応募を。選考は、応募動機(作文)の内容を重視して行われ、参加の可否は2019年2月下旬に通知される予定です。


【種子島エアロスペーススクール2019】

  • 主催:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
  • 日時:2019年3月25日(月)~29日(金)4泊5日
  • 会場:種子島宇宙センター(鹿児島県熊毛郡南種子町)
  • 対象:高校1~3学年、中等教育学校後期課程4~6学年、高等専門学校1~3学年に在籍する人
  • 定員:24名
  • 参加費:3万5000円程度(活動中の交通費、宿泊費、食費、教材費など)※自宅から集合・解散場所までの交通費は自己負担
  • 応募締切:2019年1月17日(木)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X