キッズ

【レゴ】5つのロボットに変身するレゴを自在に動かそう…キッズ向け「レゴブースト」日本上陸

より楽しくプログラミングで遊べるキットが発売

「レゴジャパン」(東京・港区)は、レゴをビルディング(組み立て)&プログラミングすることで自在に動かせるパッケージ「レゴブースト」を、2018年2月1日(木)に発売します。

この「レゴブースト クリエイティブツールボックス」は、2017年にすでに他国で発売されていましたが、日本でもいよいよ正式に販売開始となります。

「レゴブースト」クリエイティブ ツールボックス 17101。

「レゴブースト」は、7才以上の子どもをターゲットに開発。レゴはこれまでも小学生向け「レゴ WeDo 2.0」や中学生以上を対象とした「マインドストーム EV3」などのプログラミング教材を販売してきましたが、レゴブーストはより遊び要素の強いシリーズとなるそうです。

【関連記事】2016年4月に発売された「レゴ WeDo 2.0」

2月1日(木)より「トイザらス」の一部店舗およびオンラインストア、2月15日(木)からは「レゴブランドストア」や家電量販店、Amazonで発売開始予定です(オープン価格ですが、トイザらスでは2万1598円で販売)。

5つのロボットを操ってみよう

キットは下記のアイテムがセットとなっており、5つの基本ロボット(ロボットのバーニー、子猫のフランキー、ギター4000、ブースト車、ブロック組み立てマシン)を組み立て、プログラミングで動かしながら遊べます。

  • 3 BOOST bricks(847ピースのレゴブロック)
  • Move Hub with built-in tilt sensors(レゴブロックの形に成形されたチルトセンサー搭載のムーブハブ)
  • Combination color & distance sensor(組み込み用のカラーセンサー、距離センサー)
  • Interactive motor(モーター ※別途電池が必要)
  • 無料アプリ(iOS、Androidに対応 ※各自デバイスにダウンロード)

レゴブロックの形に成形されたチルトセンサー搭載のムーブハブをベースに、ブロックやモーター、カラーセンサー、距離センサーを組み立てて、プログラミングにより自由に動かしたり、声や音などのサウンド効果も楽しむことができます。

 

「ロボットのバーニー」。歌ったりダンスができます。

アプリには60種以上の動作ブロックが用意されているので、それらのブロックコマンドをつなげることで、さまざまな動作が可能に。

 

「子猫のフランキー」。頭をなでたりミルクボトルをあげるとゴロゴロとのどを鳴らして喜びます。
「ギター4000」。好きな曲を演奏したり、 オリジナル曲をつくることができます。
「ブースト車」。4つの道具を装備。ハンマーやダーツシューターなど楽しいしかけを装備。

 

まずは楽しくロボティクスに触れさせたいファミリーには、うってつけのセットになりそうですね!


【レゴブースト クリエイティブ・ボックス】

  • 発売元:レゴジャパン
  • 発売日:トイザらスの一部店舗およびオンラインストア/2月1日(木)~、レゴブランドストアや主要家電量販店、 Amazon/2月15日(木)
  • 対象:7才以上
  • 価格:オープン

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X