大学

【武蔵大学】英語でリベラルアーツ&サイエンスを学ぶ定員100名「国際教養学部」22年に開設

創立100周年を機に教育改革を加速

「武蔵大学」(東京・練馬区)は、「国際教養学部」(仮)を2022年4月に開設予定であることを、2020年6月26日(金)に発表しました。

「国際教養学部」を開設する2022年は、武蔵学園創立100周年にあたり、大学のビジョンを「異文化を理解し未来を創造する教養あるグローバル市民の育成」と定め、教育改革を進めていく

武蔵大学は、経済、人文、社会の3学部8学科からなる文系大学。

2015年度に経済学部で「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」、17年度に人文学部で「グローバル・スタディーズコース」、社会学部で「グローバル・データサイエンスコース」を設置するなど、全学的にグローバル化をすすめてきました。

【関連記事】ロンドン大学の学位も取得なコース開設
【関連記事】17年に人文学部に「グローバル・スタディーズコース」設置

グローバルに学べる2専攻から選べる

国際教養学部は、リベラルアーツ&サイエンス教育を軸にした総合的な学びと、英語で行う授業により専門領域が学べる学部となる予定。

国際教養学科(仮)を設置し、「経済経営学専攻」と「グローバルスタディーズ専攻」の2専攻となる予定。学部定員は100名。

進路は戦略系コンサルティングファーム、外資系マーケティング調査会社やIT関連企業、国際機関、官公庁、NGO、NPOなどを想定しているそうです。

なお、「経済経営学専攻」でも、ロンドン大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)を提供。「グローバルスタディーズ専攻」は、英語で行う授業を中心に構成されており、それらと留学だけで卒業することも可能となるそうです。

武蔵大学公式サイト「国際教養学部」


【武蔵大学「国際教養学部」】

  • 開設:2020年4月予定
  • 所在地:東京都練馬区豊玉上1-26-1
  • 学科:国際教養学科(仮)
  • 学位:経済経営学専攻(仮称)学士(経済経営学)、グローバルスタディーズ専攻(仮称)学士(グローバルスタディーズ)
  • 入学定員:100名

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、週末にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X