【N高】海外大学受験をサポートする「オンラインコーチング」2コースを2020年10月に開講

海外大学進学に特化したコースを開始

「学校法人角川ドワンゴ学園」が運営する「N高等学校」(沖縄・うるま市)は、海外の大学受験に特化したオンラインコーチングコースを、2020年10月より開始します。

N高には現在約1万5000人の生徒が在籍しており、進路に応じて200を超える学びを提供。このクラスも、海外の大学を志望する生徒が増えてきたことに対応するために開始するそう

対象となるのはN高の全生徒で、9月から募集を開始。

このコースは、海外トップ大学進学を支援する「Crimson Education Japan」代表・松田悠介さん(元Teach For Japan代表)をコンサルタントとして迎え、合格までのロードマップを一緒に作成し、学校選択・進路相談、課外活動についてのアドバイス、学習プランの相談などを提供していきます。

なお、N高の2019年度卒業生(2期生)の海外大学合格実績は、豪・メルボルン大学、米国・カリフォルニア州立大学サンタバーバラ校、英・シェフィールド大学、韓国外国語大学校など。

【関連記事】東大1名、京大3名、早慶21名…N高2期生の合格実績

トップ大クラスと英語強化クラスの2コース用意

N高は通信制高校なので、高校卒業資格取得のための学習を効率的に進めることで、数千ある海外大学からどの大学が自分に合っているかじっくり考えたり、課外活動に注力するなど、海外大学進学のための準備を集中的に進めることができますね。

クラスは、世界トップ50の大学合格を目指す「トップスクールクラス」(月額3万2000円)と、海外進学に必要な英語力とスキルを身につける「英語強化クラス」(月額2万2000円)のふたつあり、両クラスともに入会には条件があります。

  • トップスクールクラス…個人面談(TOEFL/IELTS/SAT/ACT学習管理)、松田さんによる個別面談 、Crimsonメンター(現役トップスクール生)による個別面談、Crimson Japan Slack Communityへの参加
  • 英語強化クラス…ネイティブ講師またはティーチングアシスタントによる個人面談、ネイティブ講師によるグループ英語面談、松田さんによるグループ面談

いずれのクラスでも、Crimsonの学習管理ツール・ビデオコンテンツ・大学データベースへのアクセス、海外進学クラス生限定の定期イベント、合宿プログラム、スタンフォードなどの海外研修プログラムへの優先エントリーなどの特典を用意しています。

N高公式サイト「オンラインコーチング・海外進学クラスサポート」


【N高「オンラインコーチング・海外進学クラスサポート」】

  • 運営:N高等学校
  • 開始:2020年10月〜
  • 対象:N高の全生徒
  • コース:トップスクールクラス、英語強化クラス
  • 受講料:トップスクールクラス/月額3万2000円、英語強化クラス/月額2万2000円
 

関連記事

  1. 【4月13日〆切】 京都で過ごす12日間「AIU米国高校生国際交流プログラム」参加者20名募集

  2. 【スーパーグローバルハイスクール2015】190校からSGHとして56校、アソシエイツ55校選出

  3. 【都立国際高校】16年度「国際バカロレアコース」合格者内訳まとめ(男女比、日本人生徒比)

  4. 【7/8〆切】哲学にどっぷり親しむ「高校生のための哲学サマーキャンプ2016」参加30名募集

  5. 【神奈川県】「横浜国際高」をグローバル教育の拠点に…19年度に国際バカロレア認定校目指す

  6. 【IIBC2020】3名に海外短期留学授与「私を変えた身近な異文化体験」英語エッセイ 9/4〆

  7. 【コーネル大学】3週間コースを3日程用意…単位取得も可能な高校生向けサマープログラム

  8. 【国際生物学オリンピック】14年は金銀メダル4個を獲得…東大推薦にも有利な国際大会とは?

  9. 【HLAB×米国大使館】10セッションから選択して受講可能…中高生オンラインリベラルアーツ講座 1/1-9,14-16

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,034Followers
125Followers

may, 2022

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X