STEM教育キッズ

【Qubena Academy】テックを用いた課題解決力を育む…STEAM教育プログラムを本格始動

未来を生き抜く力を育てるプログラム提供開始

AI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を提供している「COMPASS」(東京・品川区)は、STEAM教育をベースとした「未来教育プログラム」を本格的に開始することを、2018年8月23日(木)に発表しました。

Qubenaは、AIを活用することで算数・数学の学習を効率化し、多忙な現代の子どもたちに「未来を生き抜く力」を学ぶ時間をつくることを目的に開発されましたが、その学習効率が十分に実証されたため、いよいよ未来のための教育プログラムを本格的に提供するに至ったそうです。

【関連記事】未来の教育を担う「Qubena」の可能性

このプログラムでは、急速なテクノロジーの発展に伴い、子どもたちに求められる能力も変化していく未来において、自ら課題を見つけ解決し、未来を切り開いていく能力を、課題を解決する体験を重視したSTEAM教育を通じて提供していきます。

テックを用いた課題解決力を育もう

まずは、コンパスの直営塾「Qubena Academy」目黒校(東京・品川区)において、小学3年生〜中学3年生を対象に、STEAM教育コース(最先端テクノロジーワークショップ)を提供開始(1コマ120分、月2コマ計12回コース)。

全12回の授業では、ドローン、AR、VR、IoTデバイス、3Dプリンターの5種類のテクノロジーを扱い、遊びを通してプログラミング的思考とテクノロジーソリューションを学び、それらを用いて自分の身近な問題を解決するアイデアを生み出します。

また、2018年9月から2019年2月にかけて、「千代田区立麹町中学校」の1、2年生を対象に、Qubenaを活用したアダプティブラーニングを数学の授業に導入。学習の効率化によって捻出された時間を活用し、数学の基礎学習で学んだ概念や公式などを盛り込んだ実践的なSTEAM教育を提供。

たとえば、三平方の定理を活用してLEDのついた複数のドローンを飛ばし、ドローン間の距離を制御することで文字や図形を描くなど、数学の知識を最新テクノロジーで応用することで、ワクワクとした未来の学びの楽しさを体感でそうですね。

今後は、フランチャイズ教室「Qubena Room」でのSTEAM教育コースの開講、家庭向けSTEAM教育の開発・提供なども予定しているそうです。

「Qubena Academy」STEAM最先端ワークショップコース


【Qubena Academy「STEAM最先端ワークショップコース」】

  • 提供元:Qubena Academy
  • 回数:月2コマ、1コマ120分、計12回コース(第2・4土曜日)  ※基礎学習コース(算数・数学)を同時に受講することが前提
  • 場所:「Qubena Academy」目黒校(東京都品川区上大崎3-14-1
  • 対象:小学3年生〜中学3年生
  • 受講料:月額1万9800円+税

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X