【ロヒンギャ難民100万人は今】コロナ危機にある現状をシェアするオンラインシンポ 8/22

私たちにできることはあるのか

「AAR Japan[難民を助ける会]」(東京・品川区)は、オンラインシンポジウム「ロヒンギャ難民100万人は今」を、2020年8月22日(土)に開催します。

「難民を助ける会」は、1979年にインドシナ難民支援を目的に、日本で発足した国際NGO。2017年末にバングラデシュで人道支援活動を開始し、水・衛生分野、および子どもや女性のプロテクション分野で支援事業を実施してきた

ミャンマー西部で暮らしていたイスラム少数民族ロヒンギャが激しい武力弾圧を逃れ、隣国のバングラデシュに大量流入して間もなく3年となります。

【関連記事】マレーシアで、ミャンマーからの難民の子どもたちと交流

ロヒンギャ難民累計100万人のうち、約85万人が超過密な難民キャンプでの生活を余儀なくされており、いま難民たちを襲っているのが新型コロナウイルス感染拡大の危機です。

シンポジウムでは、ロヒンギャ難民キャンプの現状、AARの支援活動、コロナ感染拡大の影響、国際法廷での真相究明、日本外交の立ち位置など、人道支援の現場から国際社会の動向までを複眼的にとらえ、私たちに何ができるかをともに考える時間となるそうです。

当日は、AARバングラデシュ・コックスバザール事務所の駐在員からの報告、ビルマ・ミャンマー研究の第一人者である上智大学教授・根本敬さん、国連世界食糧計画元アジア地域局長の忍足謙朗さんがコメンテーターとして参加。

AAR支援者デヴィ・スカルノ夫人が、2019年9月にロヒンギャ難民キャンプの視察に訪れたときの動画メッセージ上映もあるそうです。

参加を希望する人は、イベント予約サイト「Peatix」から申し込みを。

8月21日に、zoom参加に必要なURLとパスワードが送られてくるそうです。


【ロヒンギャ難民100万人は今】

  • 主催:AAR Japan[難民を助ける会]
  • 日時:2020年8月22日(土)15時~16時30分
  • 定員:490名(先着順、要事前申し込み)
  • 参加費:500円
  • 申込締切:8月21日(金)14時
 

関連記事

  1. 【ローラスインターナショナルスクール】ワクワク体験が盛りだくさん「STEMフェア2019」

  2. 【5月27、28日】小中高生対象ワークショップ開催「国立情報学研究所オープンハウス2016」

  3. 【9月10日〆切】テーマは「私にとっての身近な異文化」高校生対象「IIBCエッセイコンテスト」

  4. 【11月30日】子連れイベント「みんなで遊ぼう!マダガスカル」をマダガスカル大使館で開催

  5. 【日本女性学習財団】平等社会を考える「学校・教育から考えるジェンダー・バイアス」講座 11/12

  6. 【国連英語デー】子どもと英語を楽しもう…小中学生保護者対象オンラインセミナー開催 4/23

  7. 【国際バカロレア推進シンポジウム2021】「国際バカロレア教育で、学校・地域・社会が変わる」 8/28-29

  8. 【12月2日】スウェーデン大使館恒例の「スウェディッシュ・クリスマス・バザー 」開催

  9. 【2月7日〆切】NASA研究施設で学ぶ11週間…「NASAアカデミー2014」参加学生1名募集

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,034Followers
125Followers

may, 2022

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X