STEM教育高校

【スーパーサイエンスハイスクール】優秀な5校の取り組みは? 16年度指定24校6段階中間評価

「優れた取り組み」が評価された5校

東京工業大学附属科学技術高等学校

  • 卒業生の追跡調査を実施しようとしている点は評価できる。追跡調査の方法の確立と実施・改善が望まれる
  • 「数理応用」はじめ、優れた副読本を数多く作成し、デジタル教材として発信もされていることは大変評価できる。いっぽうで、同等の取り組みを展開している学校はないことから、普及・啓発の観点で普通科高校にも活用できるような積極的な情報発信が望まれる
  • 教師全員が連携しながらSSHに関わる指導体制が構成されており評価できる。教師の指導力向上の観点から、他のSSH校との教育交流機会を更に増やすことも望まれる
  • 工業科と普通科の連携による研究として、STEM教育の新しい可能性を拓こうとしており大変評価できる
  • 東京工業大学への推薦入学生については、高大接続の観点から積極的な研究を進めていくことも検討することが重要である

石川県立小松高等学校

  • 理数科の外部支援「小松サポートプログラム」の組織や「一人一冊ノート」の作製、1次全科での「プレゼンテーション&デスカッション(P&D)」等優れた取り組みが行われており評価できる。全校体制の課題研究により授業方法の改善、生徒の主体性・協働性の向上がみられ評価できる
  • 科学オリンピックの参加者は増加しており評価できる
  • 平成29年度のアンケート結果から生徒の課題研究へ取り組みむ姿勢が積極的であることが読み取れ、評価できる。仮説に基づく成果や課題の分析が適切に行われているかどうかの分析は実施中であるため、今後も継続して取り組まれることが望まれる
  • EI(エモーショナルインテリジェンス)という主に企業で実施されるテストを教育用に開発していこうという試みはユニークであり期待できる
  • 普通科の課題研究用に「課題研究ノート」が開発されているが、マニュアルが主導するのではなく、普通科においてもテーマを自主的に考えさせる方向で内容を工夫することが望まれる

愛知県立刈谷高等学校

  • 研究目的に掲げた自律的に学ぶ力やグローバルリーダーの育成に向けて適切に事業が実施され、生徒の変容において高い成果をあげており大変評価できる
  • 課題研究を事業の中心に適切に据え、その中で生徒が主体的に学ぶ力をつけることに成功していること、通常の教科授業においても生徒の主体性を育むための取り組みが適切に進められていることは評価できる
  • 課題研究のテーマ設定を生徒主体に丁寧に進めている。各個人がテーマを考えてから、グループでのテーマ決定に至る過程がよく工夫されており、評価できる。教師が主導するのではなく、生徒を支援するという意識が教師間で共有されており、それが事業目的の達成に適切に作用しているように見受けられる点も評価できる
  • 1~3学年に、英語で学ぶ力や、英語プレゼンテーションを自律的に作成する力、質疑応答にも耐えうる実戦的な英語力の育成を目指す内容の「Science & Presentation」が設定され、学びの成果を試す機会(外国人研究者の講演や海外研修等)も設定されるなど、英語能力の育成が図られており評価できる
  • 海外研修などについて、実際に参加する以外の生徒も交流できるようなしくみを検討することが望まれる

滋賀県立膳所高等学校

  • SSH事業の目的を明確にしており、SSH推進室を核に全校体制で組織的運営を実現し、学校全体で高いモチベーションを持ってSSH事業に取り組んでおり大変評価できる
  • 「探究」「探究S」での課題設定能力について、校外学習で疑問探索シートを活用した課題発見能力の育成やルーブリックを活用したパフォーマンス評価などで生徒個人、グループの段階的な育成を実現させており大変評価できる
  • 国際科学オリンピックなど各種コンテストに多数成果を上げており評価できる。また、理数科生徒だけでなく普通科生徒からも多くのチャレンジが実現していることは評価できる
  • 1学年11クラスの大規模校であるが、全学年全生徒が探究的活動に取り組めており、夏休みに探究活動を実施する等効率化するための工夫も見られ評価できる
  • 2年生理数科の生徒が取り組む「課題研究」では、多くの教員が指導を行うにも関わらずグループ数が決められているので、生徒が主体的に設定したテーマを生かして探究が行うことができるよう柔軟に対応することが望まれる

福岡県立香住丘高等学校

  • SSH 事業の目標が、SSH 事業の目的及び設定課題に対して適切かつ具体的に設定されており、それに沿った事業実施が着実かつ効果的に進められており大変評価できる
  • 課題研究以外の授業においても指導方法の十分な研究が行われており、生徒に教えるだけではなく、生徒に問うことにより、生徒自身が自分の研究として自分で調べ、自分で実施し、自分でまとめることに成功しており、その結果として生徒が課題研究においても大変主体的かつ意欲的に取り組み、能力の育成や研究成果の両方で高い成果をあげており大変評価できる。また、生徒が主体的に活動していることで、教師の負担が過大になることなく、高いレベルの指導ができるシステムとなっている点も評価できる
  • 評価法(ルーブリック)の開発とともに、「コーチング」の手法や「問い」による対話を重視されていることに大きな可能性が感じられる。それらを、指導と評価の方法として整理・一般化していくことが望まれる。新任教員への研修としてや他校への波及効果として貴重なものになると思われる
  • 数理コミュニケーションコース「SS科学探究」(3年間5単位)、普通科「SS総合科学探究」(2年間2単位)において全校生徒対象に課題研究を実施する体制が確立しており、3年までに全生徒が論文作成を行っていることは評価できる。また、本取り組みを通じた指導と評価を一体とした更なる授業改善も望まれる。また、発表数や受賞数の増加が見られ、望ましい方向へ進んでいるように見受けられ、今後更に課題研究の質的な部分(仮説の設定、結果の分析・解釈、成果の応用・社会貢献など)についても分析・実践を進めることが望まれる
  • 九州大学、山口大学、九州工業大学、福岡女子大学との連携講座・研修を実施、福岡県 SSH 指定校6校とコンソーシアムを組織して情報交換、近隣校と連携した取り組みなど、活発な外部連携が実施されており評価できる

研究開発の狙い達成可能な5校>>

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7次ページへ
Tags
Close
X