STEM教育高校

【スーパーサイエンスハイスクール】優秀な5校の取り組みは? 16年度指定24校6段階中間評価

「計画の変更等の対応が必要と判断される」1校

茨城県立水戸第二高等学校

  • SSH 指定第3期目として掲げた研究課題「SSHサイクルや主体的・協働的な学びを活用した、科学技術を牽引できる女性の育成」のために多様な研究開発プログラムが計画され実施されているが、アンケート結果からは SSH 事業に対する教師の意識の低下が見受けられる。運営体制を維持・拡充していくためにも、その原因の究明と改善が望まれる
  • 目的、目標に沿った様々な事業が実施され生徒の変容について効果が見受けられるが、生徒の負担を考慮しつつ、意欲的に取り組ませることが重要である
  • 教師の指導力向上ための取り組みが、文系、理系選択科目を担当する教師双方になされており、指導体制は整えられているが、それにもかかわらず、教師の意識及び SS クラス生徒の達成感が低い現状は改善することが望まれる
  • 外部人材の活用プログラムにおいて、講義形式のものが多く、生徒が課題研究を実施する過程において、楽しさや難しさ、やりがい等を感じさせる取り組みとなっていないように見受けられ改善が望まれる
  • SSH プログラムの成果評価方法を開発し、成果を分析することが望まれる

計画の変更が必要とされる1校>>

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7次ページへ
Tags
Close
X