高校

【TOMODACHI Honda2019】次世代リーダー目指す高校生20名を2週間米国派遣 3/22〆

高校生約20名をアメリカへ無料で招待

「Honda」(東京・港区)は、「公益財団法人米日カウンシル-ジャパン」が主導する「TOMODACHI イニシアチブ」の活動に賛同し、高校生を対象に実施する「TOMODACHI Hondaグローバル・リーダーシップ・プログラム2019」(TOMODACHI Honda2019)への参加者約20名を、3月22日(金)まで募集しています。

「TOMODACHIイニシアチブ」は、東日本大震災後の復興支援から生まれた、教育・文化交流・リーダーシップといったプログラムを通して、日米の次世代リーダー育成を目指す取り組み。「米日カウンシル-ジャパン」と米国大使館が主導する官民パートナーシップで、日本国政府の支援も受けています。

TOMODACHI Hondaは、2014年〜16年まで実施された、東日本大震災で被害のあった岩手・宮城・福島県の高校生を対象とした「TOMODACHI Honda 文化交流プログラム」の成功を受け、2018年より開始。今回で2回目の開催となり、2020年までの3年間にわたり実施される予定です。

グローバルな職場体験を通じてアメリカを体感

TOMODACHI Honda2019は、Hondaのコーポレートスローガンである「The Power of Dreams」に基づき、日本の未来を担う高校生・高専生20名を対象に、事前・事後研修を含む体験型学習を通して、夢を原動力に挑戦する人々との出会いや企業活動に触れることで、グローバルな視点を持つ次世代のリーダーとして成長することを目的に実施されます。

プログラムは、6月に東京で実施される「事前オリエンテーション」、夏休みに13日間に渡る「アメリカ研修」、さらに2020年2月の「フォローアップ研修」の3部で構成されています。

  • 事前オリエンテーション(東京)…2019年6月15日(土)~16日(日)1泊2日
  • アメリカ研修…8月19日(月)~31日(土)13日間
  • フォローアップ研修…2020年2月に実施予定

アメリカでは、Hondaの米国本社や製造拠点のカリフォルニア州トーランス市およびオハイオ州メアリズビル市などを約2週間訪問。現地の高校生との交流やホームステイなどを通して、米国社会や文化に触れ、相互理解を深めます。

参加を希望する人は、「TOMODACHIイニシアチブ・プログラム2019」公式サイトより応募を。選考を通過した人には、5月7日(火)までに郵送で連絡があるそうです。


【TOMODACHI Hondaグローバル・リーダーシップ・プログラム2019】

  • 主催:公益財団法人 米日カウンシルージャパン TOMODACHI イニシアチブ
  • 日程:事前オリエンテーション/2019年6月15日(土)~16日(日)1泊2日で都内で実施、渡米期間/8月19日(月)~31日(土)、フォローアップ研修/2020年2月実施予定
  • 訪問場所:米国・カリフォルニア州トーランス市、オハイオ州メアリズビル市
  • 対象:2019年8月の出発時に高校または高専の1年~3年に在籍し、日本国籍を有する人
  • 募集人数:20名程度
  • 参加:無料(パスポート取得費用や小遣いなどは参加者負担)
  • 募集締切:3月22日(金)、 郵送は3月20日(水)の消印有効

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X