休校支援大学

【テンプル大学ジャパンキャンパス】帰国中の海外大学生を支援…単位取得可能な「夏学期」開講

帰国中の学生が学業を続けられるよう支援

東京にキャンパスがある「テンプル大学ジャパンキャンパス」(TUJ、東京・世田谷区)は、世界でコロナウイルス感染が拡大する状況に鑑み、米国を含む日本国外の大学に留学中の学生に対して、夏学期のみ就学を受け入れる特別措置を行います。

TUJパーラメント学生ラウンジ(写真: Ryan Brandenberg / Temple University)

日本への帰国を余儀なくされた海外大学留学中の学生が学業を続けられるよう、夏学期のみTUJで学ぶことを希望する学生は、2020年4月22日(水)まで出願が可能です(通常は4月1日まで)。

夏学期は、5月25日(月)〜7月29日(水)までで、現在のところ通常の対面式教室での開講を予定していますが、今後の状況によってはオンライン授業となる可能性もあります。

移行できる取得単位を確認のうえ申し込みを

出願できるのは、下記の条件に合う学生。

  • 日本国籍を有する人、または永住許可を受けている人
  • 海外(米国を含む)の大学に在籍していること
  • その他の出願資格のすべてを満たしていること

通常は、米国大学留学中の学生は米国フィラデルフィア本校の担当部署を通じてTUJへの短期留学手続きを行う必要がありますが、今回は短期訪問学生としてTUJが直接出願を受け付けます。

TUJでの開講カリキュラムはこちらで確認できます。

TUJは、米国高等教育機関の地域認定団体「Middle States Commission on Higher Education」によって認可されていますが、大学や専攻によって編入単位の認定基準が異なるので、在籍大学に問い合わせてTUJの単位が認定されるか事前確認を。

詳細は、「テンプル大学ジャパンキャンパス」公式サイトで確認してください。


【TUJ「夏期講座2020」Summer-only】

  • 運営:テンプル大学ジャパンキャンパス
  • 対象:海外大学に在籍中で、日本国籍を有する学生、または永住許可を受けている学生
  • 授業料(9単位の場合):60万1200円 ※そのほか、学生活動費、施設費、出願料など必要
  • 出願締切:2020年4月22日(水)17時

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、週末にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X