【世界一大きな授業2018】教育を考え世界の課題を知るイベントに参加しよう 4/14-6/30

「世界一大きな授業」に参加しよう

途上国で教育協力を行うNGO21団体のネットワーク「教育協力NGO ネットワーク」(JNNE)は、子どもたちへの教育支援を呼びかけるキャンペーン「世界一大きな授業2018」において、参加する学校・グループを、2018年6月27日(水)まで募集しています。

現在、世界で小学校に通えない子どもは6100万人、読み書きができない大人は7億5000万人も存在します。こうした事実の背景には、戦争や貧困などはもちろん、教育の機会が与えられなかった人々が直面する厳しい現実など、さまざまな問題が隠れています。

2015年9月、国連総会が採択した「持続可能な開発目標」(SDGs)においても、2030年までにすべての子どもが質の高い就学前教育・初等教育・中等教育を受け、大人の識字率も大幅に改善することを目標として掲げています。

どうやって参加するの?

このような現状に目を向け、教育の大切さを同じ時期に考えようと、2003年にスタートした地球規模のイベントが「世界一大きな授業」。

日本では、2017年に506校・グループ、4万3493人が参加。2018年は、世界100ヵ国の小中高校、大学、専門学校、各種団体などと同時期に、日本では800校・グループ、8万人の参加を目標としています。

世界一大きな授業では、教育協力NGOネットワークが作成した教材(小学校高学年~大学生、社会人対象)をもとに、世界の教育を知るためのプログラムを実践していきます。

2018年のプログラム実施期間は、4月14日(土)~6月30日(土)。

教材は複数のユニットで構成されおり、自由にアクティビティを組み合わせて使うことが可能です(ワークシートは日本語版・英語版があり)。授業時間や参加単位(一学級・全校など)も自由に決められます。

参加方法は、指導者(実践者)がWEBフォームから登録し、申し込み後に送られてくるメールに記載されたURLから教材をダウンロードし、キャンペーン期間中に教材を使って授業を行います。

詳しくは、「世界一大きな授業2018」公式サイトで確認を。


【世界一大きな授業2018】

  • 主催:教育協力NGO ネットワーク(JNNE)
  • 日程:2018年4月14日(土)〜6月30日(土)
  • 対象:学校・グループ
  • 募集人数:800名
  • 登録締切:6月27日(水)
  • 報告締切:7月31日(火)

関連記事

  1. 【神田外語グループ】全国10都市で高校生対象「ENGLISH LIVE 2014」を7〜8月に開催

  2. 【おにぎりアクション2019】おにぎり写真を投稿してアフリカに給食を贈ろう 10/7-11/20

  3. 【4月12日】アラブ各国大使館のシェフも腕を振るう「第17回アラブチャリティーバザー」開催

  4. 【7月28日~8月3日】津田塾大学教授が指導する「夏休み子ども英語劇プログラム」参加者募集

  5. 【2月1〜2日】国際社会が抱える課題を考えるきっかけに「ワン・ワールド・フェスティバル」

  6. 【9月21日】年に1度のアメリカ大使館主催の留学イベント「AMERICA EXPO 2013」が開催

  7. 【11月7日】歌とダンスで盛り上がる!エチオピア大使館「エチオピア料理とダンスの夕べ」開催

  8. 【スウェーディッシュクリスマスバザー2017】収益はすべて東北へ…チャリティイベント12/3

  9. 【8月23日】高校生と保護者が対象…フルブライト・ジャパン主催「アメリカ大学留学説明会」

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,287Followers
40Followers

june, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

18junallday【〆切】inochi Gakusei Innovators’ Program 2021関東

19junallday202021年度宇宙教育シンポジウム

19junallday06augハーバード大学「高校生サマースクール2021」

21junallday【〆切】SENPAIプログラム夏2021

28jun(jun 28)06:0430jul(jul 30)06:04「フィリップス・アカデミー2021 summer」オンライン

30junallday【終了】「ぼくはひとりで」出版記念プロジェクト

30junallday【〆切】千葉大学「ASCENT Program」

X