イベント

【8月21日】「AAR Japan」主催…国際理解が深まる小学生対象イベント「もしもしアジア」

海外の暮らしを直接訊いて、考える

「AAR Japan」(難民を助ける会)は、8月21日(水)に小学生を対象とした夏休みイベント「もしもしアジア」を実施します。

AAR-Japan

「AAR Japan」(難民を助ける会)は、インドシナ難民を支援するために、政治・思想・宗教に偏らない市民団体として1979年に設立された国際NGO。

今年で第4回目となる夏休みイベントは「もしもしアジア」と題し、ミャンマー(ビルマ)とアフガニスタンの2コースを用意。

  • 13時~14時30分…テーマ国「ミャンマー」
  • 15時30分~17時…テーマ国「アフガニスタン」

いずれも、現地と日本をスカイプ(テレビ電話)でつなぎ、現地のあいさつや食べ物、習慣についてグループワークを通じて学んだり、それぞれの国の人々がどのように生活しているか、AAR現地スタッフに直接聞くことができます。

「世界の国旗伝道師」こと、文教大学の澤内隆先生を講師に迎え、世界の国旗が持つ意味や成り立ちを紹介してもらうコーナーも。

小学生の国際理解教育を目的としたイベントですが、夏休みの自由研究にも最適と毎年好評とのこと。

定員は、各回先着20名。応募は以下の「AAR Japan」イベントページより申し込んでください。

http://www.aarjapan.gr.jp/join/event/2013/0821_1185.html


【夏休み小学生向けイベント「もしもしアジア」】

  • 主催:AAR Japan(難民を助ける会)
  • 日時:2013年8月21日(水)13時~14時30分(1回目のテーマ国「ミャンマー」)、15時30分~17時(2回目のテーマ国「アフガニスタン」)
  • 会場:「AAR事務所」3F交流スペース(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル3F) JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線「目黒駅」から徒歩2分
  • 持ち物:地図帳(学校の授業で使うもの)、筆記用具
  • 対象:小学生3~6年生(保護者同伴可)
  • 参加費:ひとり500円(子ども・大人とも)
  • 定員:各回子ども20名(先着順)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X