【アクセプト・インターナショナル】「テロリストと呼ばれる若者を受け入れるということ」200名 12/12

世界の平和に向けたアクションを考えよう

テロ・紛争問題の解決に向けて取り組むNPO「アクセプト・インターナショナル」(東京・中央区)は、2021年12月12日(日)に開催するオンライントークイベント「テロリストと呼ばれる若者を、受け入れるということ」の参加者200名を募集しています。

アクセプト・インターナショナルは、平和的なアプローチでテロと紛争の解決を目指す日本で唯一の団体。国連ソマリア活動(UNSOM)や国連人間居住計画(UN-Habitat)などの国連機関や、現地の政府と協働して包括的なアプローチでテロや紛争の解決に取り組んでいる

アクセプト・インターナショナルの代表を務める永井陽右さんは、テロと紛争の解決をミッションに、早稲田大学在学時代からソマリア人ギャングを更生させる活動をしており、現在は国連人間居住計画CVE(暴力的過激主義対策)メンターとしても活躍。ソマリアなどの紛争地で、テロ組織の投降兵や逮捕者、ギャングなどの脱過激化・社会復帰支援や過激化防止を実施し、テロ組織との交渉および投降を促進し、国連機関への政策立案やレビューも行っています。

今回のトークイベントでは、永井さんとともに、歌手のAIさんや演出家の宮本亞門さんが登壇し、「加害者を受け入れるということ」「日本からでもできるアクション」について話を掘り下げていきます。

また、アクセプト・インターナショナルが設立10周年を機に2021年9月26日に発表した「テロや武力紛争に関わる若者の権利宣言」にも触れ、「テロに関わる若者がもう一度社会でやり直す重要性」についても議論を深めていく予定です。最後には15分程度の質疑応答もあるそうです。

このイベントを通して「テロ・紛争問題」を身近に感じ、世界の平和や自身にできるアクションについて一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

詳細は、「アクセプト・インターナショナル」公式サイトから確認を。


【オンライントークイベント「テロリストと呼ばれる若者を、受け入れるということ」】

  • 主催:NPO法人アクセプト・インターナショナル
  • 日時:2021年12月12日(日) 16時〜17時30分
  • 会場:Zoomウェビナー
  • 定員:200名
  • 参加:無料
 

関連記事

  1. 【5月4〜5日】日本最大のモンゴルフェスティバル「ハワリンバヤル2014」@光が丘公園開催

  2. 【世界野生生物の日】日本は最大の象牙消費国…私は象牙を選ばない「#REDonNOSE運動」

  3. 【12月20日】57大学がグローバル教育情報を発信「GO GLOBAL JAPAN EXPO 2015」

  4. 【米国大使館宿舎フレンドシップ・デー2016】食べて交流してアメリカに浸る秋の1日 10/22

  5. 【NZ大使館】小中高から国立大学まで39校が来日「ニュージーランド留学フェア2019」9/22

  6. 【12月20日】東大主催の学生向けハッカソン「JPHACKS」受賞イベント参加者100名募集

  7. 【Change Maker Awards】中高生が「私の夢中」を英語でプレゼンするコンテスト11/30〆

  8. 【12月5日】心まで暖まるアルパカ製品やペルー料理を満喫「ペルー・チャリティーマーケット」

  9. 【6月20日】アメリカ大使館主催イベント「Ben&Jerry'sに学ぶ社会貢献」参加者募集

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
2,728Followers
125Followers

january, 2022

21janallday22国内外の学生による映像の祭典「ISCA(イスカ)2021」

22janallday東工大 中高生対象講義「プラスチックに電気が通った日」

23janallday【〆切】異分野融合型研究プログラム2022

27janalldaySF思考で考える-核融合エネルギーが実現する未来社会とは

31janallday【〆切①】クマ財団「クリエイター奨学生2022」

31janallday【〆切】AIG高校生外交官2022

31janallday【〆切】数理工学コンテスト2022

31janallday【〆切】スラムダンク奨学金2021

31janallday【〆切】業務スーパージャパンドリーム財団「2022年度派遣海外留学奨学生」①

31janallday【終了】「富士花鳥園」クラウドファンディング

31janallday【〆切】教育アワード「Next Education Award(NEA)」

X