【ベネッセ】名門大の学生寮滞在やホームステイで自信を積み重ねる…米加英豪サマープログラム5選

人気の留学先から選べるサマープログラム

この夏は、英語力だけでなく、異文化を理解する力、多様性を受け入れる力も高めたいーーそんな思いで、海外で実施されるプログラムへの参加を検討しているファミリーも多いと思います。

今回は、教育的観点からさまざまな海外プログラムを展開する「ベネッセ海外留学センター」が主催する、英語を学びはじめた小学生(10才〜12才)と、世界に踏み出すきっかけを探している中高生におすすめのプログラムを紹介します。

いずれのプログラムも、日本(成田空港または羽田空港)から添乗員が同行し、慣れない環境でも集中して学べる体制を敷いているので、子どもだけでも安心して参加することができます。

<小学生対象>

<中高生対象>

上記の5つのプログラムに興味のある人は、5月18日(土)、25日(土)、26日(日)、6月2日(日)、6月9日(日)に、東京・新宿で開始される説明会で最新情報をゲットできます。参加申し込みは「ベネッセ海外留学センター」イベントページから受け付けています。

また、プログラムの詳細が記載されたパンフレットも、「ベネッセ留学センター」資料請求フォームから無料で資料請求できますよ。

名門大学生寮で過ごすリーダー育成プログラム

まずは、カナダ・バンクーバーで2019年7月28日(日)〜8月5日(月)の9日間に渡り開催される「小学生グローバルサマーキャンプ」。対象は10才〜12才で、20名を募集。

グローバルサマーキャンプは、メキシコ、中国、台湾などからさまざまな年代の学生が参加します。

このキャンプでは、カナダの名門大学「ブリティッシュ・コロンビア大学 The University of British Columbia」の学生寮に滞在。ルームメイトや他の留学生と寝食をともにしながら友好を深めていきます。

平日午前の英語授業(各日4コマ、1コマ=45分)では「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく学び、午後に実施されるクラブ活動やアクティビティでは、仲間たちとの交流を通じてコミュニケーション力を磨きます。

英語授業はレベル別に2〜4クラス設けられ、1クラス10名程度の少人数制で授業が行われます。オリジナルのテキストブックでは、Confidence(自信)やSelf-discipline(自己訓練)などをテーマに「リーダーシップ」を学んでいくほか、ゲームや短い劇などを通じて楽しくコミュニケーション。5日間で「自分の意見や考えを英語で発言すること」をめざします。

午後のクラブ活動(スポーツやアートから好きな活動を選択)やアクティビティ(フォトコンテストやUBC人類科学博物館訪問)では各自目標を設定し、達成できるよう、各クラスの先生がフォローアップを行います。

いろいろな国から集まった、さまざまな年代の参加者と交流しながら、チームワークを発揮すること、積極的にコミュニケーションをとることの大切さを学び、未来のグローバルリーダーをめざすきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

★このプログラムの問い合わせ&申し込みは「ベネッセ海外留学センター」から受け付けています。


【小学生グローバルサマーキャンプ in Vancouver 9日間】

  • 日程:2019年7月28日(日)〜8月5日(月)
  • 滞在地:カナダ・バンクーバー(The University of British Columbia学生寮に滞在)
  • 対象:10才〜12才
  • 参加費:49万5000円(燃油サーチャージ2万8000円や空港諸税6720円含まず ※2019年1月時点)
  • 申込締切:5月31日(金)

ブリスベンの英語漬け環境で「チャレンジ!」

温暖な気候で知られるオーストラリア・ブリスベンでは、「小学生ホームステイ&現地校体験」プログラムが、8月3日(土)〜11日(日)の9日間に渡り開催。対象は10才〜12才、20名募集。

ブリスベン市内観光のほか、世界最大のコアラ保護区「ローンパイン・コアラ・サンクチュアリ」への遠足もあるので、夏休みの自由研究にもいいですね。

このプログラムのテーマは、まさに「チャレンジ!」。親もとを離れ、ホームステイで現地の家族と生活を共にし、現地校では同世代のバディ(お世話係の生徒)や仲間たちと過ごす時間は、朝から晩まで英語漬けの環境。ちょっぴり不安もあったけど「自分の力でできた!」という自信を積み重ねることができるプログラムです。

ホストファミリーや学校の友達とは、英会話だけでなく身振り手振りのボディーランゲージを駆使してコミュニケーションをとります。自分の思いが伝わったときの感動はきっと忘れられない自信になるはず!

学校では、現地の生徒と一緒に授業に参加するほか、本プログラム参加者のみを対象とした英語のレッスンも設けられており、ネイティブの先生から英語を学びます。

なお、原則的に参加者2名が1家族にお世話になるようなので、はじめてホームステイする人も心強いですね。

★このプログラムの問い合わせ&申し込みは「ベネッセ海外留学センター」から受け付けています。


【小学生ホームステイ&現地校体験 in Brisbane 9日間】

  • 日程:2019年8月3日(土)〜11日(日)
  • 滞在地:オーストラリア・ブリスベン(Belmont State School、ホームステイ)
  • 対象:10才〜12才
  • 参加費:43万5000円(燃油サーチャージや空港諸税1万2250円を含まず ※2019年1月時点)

米国大の学生生活を体験する16日間

海外大学進学や留学を視野に入れている高校生には、アメリカ最大級の学園都市・ボストンにて、7月28日(日)〜8月12日(月)の16日間に渡り開催される「海外進学体験 × 未来探求」プログラムがオススメ。16才~18才対象、20名募集。

ハーバード大学(写真)やMITなど50以上の大学が集まり、アカデミックな空気が漂うボストン。

ボストンの家庭にホームステイ(原則2名1家族)しながら、毎日語学学校に通い、英語で模擬講義を受け、ライティングにも挑戦。アメリカの大学生の生活を先取りして体感することができます。

ホームステイ先から学校までは自分の足で通学しますが、ボストンは治安もよく、公共の交通機関も揃っているので、学生気分で街を歩くのもいいですね。

学校では、午前中は海外大学進学をめざす中東・南米・アジアなどからの多国籍な留学生たちと授業を受け、午後はハーバード大学やノースイースタン大学のキャンパスツアー、海外有名大学生または卒業生との座談会も予定しています。

このプログラムで何より大切なのは、自分の考えや意見を積極的に発表しようとする意欲です。グローバルに活躍するために必要な力を知り、体験することで自分の可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

★このプログラムの問い合わせ&申し込みは「ベネッセ海外留学センター」で受け付けています。


【海外進学体験 × 未来探求 in Boston 16日間】

  • 日程:2019年7月28日(日)〜8月12日(月)
  • 滞在地:アメリカ・ボストン(ELS Language Centers, Boston-Downtown校、ホームステイ)
  • 対象:16才~18才
  • 参加費:63万円(燃油サーチャージ2万8000円や空港諸税1万510円を含まず ※2019年1月時点)
  • 申込締切:6月17日(月)

アメリカの歴史や文化を学ぶ16日間

アメリカ合衆国の誕生の地・フィラデルフィアでは、「フィールドトリップ × 歴史探究」プログラムを、8月4日(日)〜19日(月) の16日間に渡り開催。15才~18才対象、20名募集。

「アメリカ合衆国議会議事堂」(写真)などのフィラデルフィアの名所を訪問したり、同じ東海岸のワシントンD.C.&ニューヨークへのトリップもあり。

このプログラムは、各自で決めたリサーチテーマについて、アメリカの歴史や政治、文化、スポーツなどに関連する数々の名所を訪れながら、理解を深められることが大きな魅力となっています。

ホームステイ(原則2名1家族)しながら市内の語学学校に通い、事前にリサーチ学習を行ったうえで、スミソニアン博物館群の「国立アメリカ歴史博物館」や、政治の中心地である「アメリカ合衆国議会議事堂」などの名所を訪問し、理解を深めます。ニューヨークへのトリップやメジャーリーグ観戦なども予定されており、お楽しみもたっぷり詰まったプログラムとなっています。

★このプログラムの問い合わせ&申し込みは「ベネッセ海外留学センター」にて受け付けています。


【フィールドトリップ × 歴史探究 in Philadelphia 16日間】

  • 日程:2019年8月4日(日)〜19日(月)
  • 滞在地:アメリカ・フィラデルフィア(ELS Language Centers, Philadelphia校、ホームステイ)
  • 対象:15才~18才
  • 参加費:72万円(燃油サーチャージ2万8000円や空港諸税1万510円を含まず ※2019年1月時点)
  • 申込締切:6月24日(月)

ケンブリッジ生との交流あり!英語「で」学ぶ16日間

イギリスでは、名門「ケンブリッジ大学」セルウィンカレッジの学生寮に滞在し、英語で学習するプログラム「イギリス文化&科学体験プログラム」が、8月3日(土)〜18日(日)の16日間に渡り開催。13才~18才対象、25名募集。

「大英博物館」(写真)をはじめとするロンドン名所をめぐるフィールドワークや、オックスフォード大学ツアーもあり。

科学分野に強いケンブリッジならではの講義をはじめ、イギリス文化を学ぶ特別講義やワークショップでさまざまな分野の知識を深めながら、グループや個人でのプレゼンテーションに挑戦。学びのアウトプットができるのも魅力ですね。

プログラムのアシスタントとしてケンブリッジ大学生数名がサポート。多彩なアクティビティや卒業生で起業した人の講義などを通じてさまざまな学びを得ることができます。

★このプログラムの問い合わせ&申し込みは「ベネッセ海外留学センター」で受け付けています。


【イギリス文化&科学体験プログラム in Cambridge 16日間】

  • 日程:2019年8月3日(土)〜18日(日)
  • 滞在地:イギリス・ケンブリッジ(Selwyn College, University of Cambridgeの学生寮に滞在)
  • 対象:13才~18才
  • 参加費:69万8000円(燃油サーチャージ2万4000円や空港諸税2万5670円を含まず ※2019年1月時点)
  • 申込締切:6月14日(金)

◎提供:ベネッセ海外留学センター

 

関連記事

  1. 【SENPAIプログラム秋2021】海外大生と多様な進路について考える…中高生リベラルアーツ講座 8/29〆

  2. 【スタディサプリ中学講座】現役大学生による個別指導コースも2週間無料提供<休校学習支援>

  3. 【筑波大学】アートについて自分の言葉で考え、伝える力を育む「高校生アートライター大賞2021」 9/29〆

  4. 【JICA】優秀者には海外研修を授与「国際協力中高生エッセイコンテスト2019」9/11〆

  5. 【SENPAI相談室02】アフリカで獣医になるためにIB校に留学する予定ですが、IBについていかれるか不安も…

  6. 【コードアカデミー高等学校】プログラミング科目必須の普通科通信制高校、14年4月に開校予定

  7. 【Z会xMake School】ハーバード生も夢中になる「よりよき世界をつくる」ためのアイデアとプロセスが学べる、3日間の白熱プログラミング講座開催 3/15〆切

  8. 【小松サマースクール2018】国内外からの大学生たちと過ごす7日間…高校生60名募集 6/1〆

  9. 【異才発掘プロジェクトROCKET】学びの本質を考える「サマープログラム2019」10名 7/5〆

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,551Followers
40Followers
  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 【高校留学奨学金】応募条件や派遣先、大学の進路まで4大プログラム…

  4. 【海外大学奨学金】金額や対象国など…5つの奨学金制度から最適なも…

  5. 孫正義育英財団支援金

  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  4. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  5. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X