フィリピン学びセレクト

【2019冬セブ8日間】成田・関空発…1日7時間の英語漬け環境で20年は英語を楽しく伸ばそう

1日7時間、生きた英語を学ぶーーそんな英語漬けの環境に身を置くことができる「英語強化型」キャンプが、2019年冬休みにフィリピン・セブで開催されます。小学3年生から参加でき、英語を学ぶだけはなく、クリスマスパーティを楽しんだり、リゾートホテルのプールで遊んだり。参加している仲間と共同生活をしながら、友情を深めることもできます。セブのキャンプは、日本から同行する日本人スタッフが、生活面やメンタル面を手厚くサポートしてくれるのも大きな魅力。今回は、7泊8日間の「セブ・ジュニアキャンプ2019冬」を紹介します。


<セブ・ジュニアキャンプ2019冬のポイント>

  • 2019年12月24日(火)〜31日(火)の7泊8日間で開催
  • 小学3年生から参加できる、定評と実績があるジュニアキャンプ
  • 1週間英語漬け環境で学ぶことで、「英語って通じるんだ!」と伝わる喜びを知り、自信をつける
  • 日本から同行する日本人スタッフが、徹底して安全面と快適さを確保するので、学ぶことに集中できる
  • 冬休みに英語力に弾みをつけることで、2020年の英語学習をより効果的にスタートすることができる
小3以上対象 中学生対象 高校生対象 ビギナーレベル 中級レベル ワーママ必見

英語力に弾みをつけ、2020年を飛躍の年に

2014年からスタートし、今回で13回目の開催となる英語ジュニアキャンプが、この冬休みも2019年12月24日(火)〜31日(火)の7泊8日間で開催されます。毎回、参加者から「来年も参加する!」との声が続出する、安全で楽しいと定評のあるプログラムです。

参加対象となるのは、小学3年生〜高校3年生(小学2年生以下も相談可能。集団生活で規律が守れることが参加条件)。

キャンプが実施されるのは、セブシティの中心地にある「TIME SQUARE」という商業施設内に、校舎と学生寮を併設している日系ランゲージスクール。

2階が校舎、3階が学生寮となっており、スクールエリアは関係者以外立ち入り禁止。

学校内に併設されている学生専用寮の3〜4人部屋に滞在しますが、今回のキャンプでも、低学年の子どもたちには同性のガーディアン(保護者役のフィリピン人先生)が同室に滞在しながら寝食を共にし、子どもたちをサポートする予定です。

学生寮の3〜4人部屋に滞在します。

食事は、学生専用のカフェテリアで提供されますが、日本人好みのメニューが子どもたちにも好評です。

部屋の清掃と洗濯(それぞれ週2回)は学生寮スタッフが行なってくれるため、子どもたちは学習やアクティビティに集中することができますね。学生寮とスクールには日本人スタッフが常駐し、24時間のセキュリティー対応で万全の管理体制となっています。

毎日約7時間の英語漬け環境

このキャンプでは、通常毎日7コマ(マンツーマンレッスン3コマ+グループレッスン4コマ)計5時間25分のレッスンがあり、さらに復習や英語アクティビティを含めると約7時間、英語が学べるスケジュールとなっています。

  • 7時〜7時30分…モーニングダンス もしくは単語テスト
  • 7時30分〜8時…朝食
  • 8時10分〜8時55分…1時間目(マンツーマンレッスン)スピーキング
  • 9時5分〜9時50分…2時間目(マンツーマンレッスン)リスニング
  • 10時〜10時45分…3時間目(マンツーマンレッスン)ライティング
  • 10時55分〜11時40分…4時間目(マンツーマンレッスン)リーディング
  • 11時50分〜13時…昼食
  • 13時〜13時45分…5時間目(グループレッスン)グラマー
  • 13時55分〜14時40分…6時間目(グループレッスン)発音
  • 14時50分〜15時35分…7時間目(グループレッスン)4技能
  • 15時35分〜16時15分…自習時間
  • 16時25分〜17時10分…日本の宿題の時間
  • 17時20分〜18時…復習タイム
  • 18時〜19時…夕食
  • 19時〜19時50分…アクティビティ(ダンス、歌)
  • 20時〜20時50分…フリータイム
  • 21時〜22時…部屋でシャワー、休息タイム
  • 22時…就寝

子どもたちを担当するのは、長年にわたり日韓の子どもたちに英語を教えてきた、とってもフレンドリーな専任フィリピン人講師。

マンツーマンレッスンはそれぞれのレベルにフォーカスした内容で、子どもたちの興味を引き出しながら進められます。

セブならではのアクティビティも楽しもう

授業以外にも、クリスマスパーティを楽しんだり、リゾートホテルのプールで遊んだりと、充実したアクティビティの時間が設けられています。

  • 12月24日(月)…成田・関空出発→セブ空港到着→学校寮到着
  • 12月25日(火)…午前/オリエンテーション、午後/レッスン、夕方/クリスマスパーティ
  • 12月26日(水)…午前・午後/レッスン、夕方/イングリッシュアクティビティ(ダンス、歌)
  • 12月27日(木)…午前/レッスン 午後/リゾートプール、夕方/イングリッシュアクティビティ(ダンス、歌)
  • 12月28日(金)…午前・午後/レッスン、夕方/イングリッシュアクティビティ(ダンス、歌)
  • 12月29日(土)…午前/レッスン、午後/ショッピング、夕方〜夜/ディナー
  • 12月30日(日)…午前・午後/レッスン、夕方/卒業式
  • 12月31日(月)…帰国

成田と関空から引率サービスを利用可能

今回のキャンプでも、成田空港と関西空港からの日本人スタッフ(学校関係者)による引率サービスを利用することが可能です。

海外渡航がはじめての子の場合だと、キャンプがスタートして2日くらい経つと、どっと疲れと寂しさが噴き出す子もいますが、日本人のスタッフが見守っていくうちに余裕が生まれ、中盤にもなれば参加者同士が仲良くなり、最終日にはひとまわり逞しくなった笑顔で帰国していくそうです。

キャンプが終わっても、英語を学ぶ楽しさの余韻があるうちに、家庭で英語学習環境をしっかりと整えてあげてくださいね! そして、2020年も飛躍の年になることを願っています。

<ご参考:2018年冬キャンプに参加した子どもたちの男女比、年齢>

  • Boys…9才(1名)、10才(2名)、11才(1名)、12才(2名)、13才(6名)、14才(3名)、15才(1名)、16才(3名)、17才(1名)
  • Girls…8才(2名)、9才(1名)、10才(1名)、11才(4名)、12才(2名)、13才(2名)、14才(2名)、16才(1名)、18才(1名)
<セブ・サマーキャンプ Q&A>

Q. 15才未満の子どもはフィリピンに単独入国できないと聞きましたが、渡航には親の付き添いが必要?

このプログラムでは、「成田空港」発着引率サービスを利用できるため、親の付き添いは必要ありません。引率には、事前にフィリピン大使館へ「WEG申請」(保護者が単独渡航に同意する手続き)が必要となります

Q. WEG申請ってどうやってするの?

15才未満の子どもが、単独でフィリピンに渡航する際に必要となるのが「WEG」(Waiver of Exclusion Ground)申請ですが、学校スタッフが代理で申請してくれます。申請には、別途申請費(2万8000円)が必要になります

Q. 飛行機のチケットはどうやって手配すればいい?

引率を希望する場合は、成田空港・関西空港発着のセブ直行便の指定便を利用する必要があります。航空券は、学校の指定する旅行代理店から購入できます(成田発着便/5万5000円、11才以下/4万2000円、関空発着便/6万6000円、11才以下/4万9500円 ※別途空港税+燃油サーチャージ代として9170円〜1万640円が必要 2019年8月現在)。スケジュールは下記の通り。

  • 【成田便】往路:「フィリピン航空」433便 成田(14時40分発)⇒セブ(18時45分着)、復路:「フィリピン航空」434便 セブ(08時05分発)⇒成田(13時40分着)
  • 【関空便】往路:「フィリピン航空」409便 関空(15時25分発)⇒セブ(18時45分着)、復路:「フィリピン航空」410便 セブ(09時05分発)⇒関空(14時25分着)

Q. キャンプ中は子どもと連絡が取れるの?

スクール到着当日に、英語学習に集中できるよう携帯電話はスタッフが預かり、金庫に保管します。子どもたちの様子は、毎日専用のフェイスブックやインスタに多数の写真をアップロードするので、そこで確認することができます

Q. 子どもが体調を崩したり、ホームシックにならないか心配です

海外では「水」が変わるため、短期の旅行であっても体調を崩すことが少なくありませんが、セブのキャンプでも、例年体調不良を訴える子どもがいます。原因は、環境が変化したことによる不安だったり、勉強時間をストレスに感じるなどのメンタル的なものに加え、セブは日本よりも衛生環境が劣るため、お腹を壊すこともあります。水道水は口にしないよう徹底し、各階に設置されたウォーターサーバーの水を飲んでもらい、ゆっくり休むことでほとんどの子どもは1日もあれば回復します。発熱や腹痛がある場合は、ただちに現地スタッフから保護者に連絡を取り、状況の経過を報告します


【2019冬セブ・ジュニアキャンプ】

  • 主催:IDEA CEBU校
  • 日程:2019年12月24日(火)〜31日(火)7泊8日間
  • 滞在先:「IDEA CEBU校専⽤寮」(PLalawigan ng Cebu, Mandaue City, A-218 City Time Square2, Mantawi International Drive)
  • 対象:小学3年生〜高校生 ※小学2年生以下も相談可能
  • 定員:50名(最少催行人数:各15名)
  • 参加費:11万6000円(授業料、宿泊滞在費、食事、アクティビティ参加費、おやつ、セブ空港税など含む)※WEGビザ申請代(15才未満)、往復航空券代、成田空港税・燃油代、海外旅行保険、お小遣いは含まれず
  • 申込締切:11月11日(金)※定員に達し次第終了


下記のフォームにて、【2019冬セブ・ジュニアキャンプ】へのお問い合わせを承ります。

ご希望の内容
お問い合わせ内容
お名前(保護者様)
お名前(ふりがな)
メールアドレス
お住いの地域
エリア
お子様の生年月日
ご希望の発着空港

プライバシーポリシー を確認のうえ、(株)グローバルエデュが運営する「学びセレクト」を通じて問い合わせをする

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X