【コロナ留学02】オンラインで授業が再開、10/20に留学生入国が可能に@カナダ2020秋

トロント大学をはじめ、ブリティッシュコロンビア大、マギル大、マックマスター大などが世界大学ランキングTOP100にランクインし、その良質な教育水準と自然豊かな環境が魅力のカナダ。留学生に人気のカナダも、現在コロナ禍による入国制限やオンライン授業への移行など、通常とは異なる状況となっています。カナダの現在はどうなっているのか、そしてこれからどうなるのかーー政府の対応を中心にまとめてみました

【関連記事】良質な大学が揃ったカナダの大学に進学しよう

※コロナ禍における留学事情をレポートしてくれる人を募集しています。ご自身の状況をシェアしていただくことで、勇気づけられたり、未来に一歩踏み出せる人もいるはずです。困難なこの時期を、みんなで乗り切っていきましょう。こちらのフォームから、ご連絡をお待ちしています

カナダでのコロナ感染状況

カナダの新型コロナウイルス感染者数は、これまで計17万1323人、亡くなった人は9530人(2020年10月6日現在)。

カナダ政府公式サイト「コロナウイルス感染状況」

カナダではじめて感染者が確認されたのは3月11日。5月中旬にかけて増加し、それ以降は減少に転じたものの、8月以降はふたたび増加傾向にあり、10月5日の新規感染者数は2804人となっています。

州ごとの感染者数は、東部のケベック州が約1万900人、人口の3分の1が集まる中東部のオンタリオ州が7600名、西部のアルバータ州が2000名などとなっています。

現在、ケベック州では、レストラン、バー、カジノ、映画館、ミュージアム、図書館などがクローズ。オンタリオ州では、公共イベントや集会の参加者数上限の引き下げ、レストランやバー、ナイトクラブは夜11時以降のアルコール販売を禁止しています。

授業は再開しているが、オンラインが中心

カナダの学校は9月から再開していますが、授業をはじめ、キャンパスツアーやイベントなど、そのほとんどの活動がオンラインで行われています。さらに、すでに多くの学校が1月~4月の冬学期もオンラインで実施すると発表。

試験があるなど、オンラインでは対応できないクラスは人数を減らすなどして学校で受けることになりますが、約9割の授業がオンラインで実施されています。

大学でのコロナ対応はどうなっているか

大学の寮は開いており、共有スペースではマスクの着用が義務づけられていますが、これまでどおりの滞在が可能。

ケベック州の「マギル大学 McGill University」では、大学内の図書館の開館時間を短縮し、密を避けるためにグループの勉強を禁止するなど、人との距離が十分にとれる対策をしています。

PCR検査は、首都・オタワにある「オタワ大学 University of Ottawa」や「ウォータールー大学 University of Waterloo」(オンタリオ州)など、一部の大学ではキャンパス内で実施していますが、ほとんどの大学では実施していないので、病院やドラックストアに行く必要があります。

10月20日より留学生の入国が可能に

現在、カナダでは留学生に入国制限を課していますが、10月2日(金)に「カナダ移民局」は、10月20日(火)より留学生のカナダ入国が可能になると発表。

カナダ移民局「Update on travel restriction exemptions for international students」(10月2日付)

ただし、この規制緩和は、州政府・準政府によって承認された、コロナに対応するための準備計画 「COVID-19 Readiness Plan」に従う教育機関 「DLIs」(Designated learning institutions list)の学生が対象となります。

対象となる学校は、10月20日前後にカナダ移民局サイトの「COVID-19: International students」ページから確認できるそうなので、チェックしてみてください。

この「COVID-19 Readiness Plan」には、コロナに感染した留学生のサポート(食事、薬など)も含まれているので、学生ビザを申請する前に、留学先の学校が対応しているか確認しておくといいでしょう。

留学生の現状と入国における注意点

現在、多くの留学生が母国からオンラインで授業を受けています。ただし、このようなオンライン授業であっても、入学許可書(Letter of Acceptance)と学生ビザが必要となります(英語学校など6ヵ月以内の場合は不要)。

また、留学生がカナダに入国する際、学校から「この学生がカナダに入国すべき理由」を書面でもらう人も多いと思いますが、現状ではそのような文面を提出しても確実に入国できる保証はありません(入国できずに返されたケースもある)。

このような状況ですが、学生ビザ(Study Permit)の申請は現在も可能ですし、カナダの学校もビザ申請に必要な入学許可書を発行しています。

なお、ビザ申請はカナダ移民局サイトの留学生向けページ「Study in Canada as an international student」からオンラインで行います。


 

関連記事

  1.  【コロナ留学08】一部の留学生のみ入国可能…徹底した水際対策で世界一安全な台湾留学の現在

  2. 【コロナ留学05】ロックダウンでも英国への渡航&留学は可能(ブリティッシュ・カウンシル)

  3. 【文化学園大学杉並高校】カナダと日本の高校卒業資格を取得「ダブルディプロマコース」開始

  4. 【北京大学】日本の高校から中国進学を選んだ理由や受験方法、予科班、寮学金、留学生の現在まで紹介

  5. 【カナダ留学フェア2021秋冬】ビデオ学校説明会を視聴し、オンラインで直接質問 11/12-12/12

  6. 【コロナ留学01】寮の定員は半分、6割の大学がオンライン混在型授業を実施@米国2020秋

  7. 【海外大進学02】卒業後は3年間就労可能!世界的評価も高い良質な大学で学ぼう<カナダ編>

  8. 【コロナ留学03】NYにありながらクラスター回避…「コロンビア大学」の手厚い留学生支援とは

  9. 【コロナ留学06】10月から再度外出制限下にあるマレーシア、新入生は入国できないけれど…

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,024Followers
125Followers
  1. 【ブリティッシュ・カウンシル】完全英語環境で仲間と課題解決に挑…

  2. 【ブリティッシュ・カウンシル】マイクラも体験できる…30時間完全英…

  3. 【樫尾俊雄発明記念館】人の役に立つアイデアを募集!小学生対象「…

  4. 【ラグビースクール・ジャパン】北海道で音楽やドラマを学ぶ2コース…

  5. 【テンプル大学】小学生〜大学生約1000名募集!英語漬けで学ぶ夏休…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」(2022年9月開講予定…

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

may, 2022

17mayallday【〆切】レゴ「Build A World of Play Challeng」

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X