【国際デジタルえほんフェア2018】動く・飛び出す…最先端デジタル幼児教育に触れる 12/1

進化する「デジタルえほん」に触れて楽しむ

スマホやタブレットなどで、インタラクティブかつ手軽に楽しめる幼児向けデジタルコンテンツ「デジタルえほん」。

昨今では、音や動画、ゲーム的な要素などに留まらず、目の前に絵本の世界が飛び出してくるAR(Augmented Reality、拡張現実)など、子どもたちのワクワクと創造性を掻き立てるさまざまな先端技術も盛り込まれ、目覚ましく進化しています。

そんな世界のデジタルえほんが一堂に会する、世界最大級のデジタルブックフェア「国際デジタルえほんフェア2018」が、2018年12月1日(土)に「東京大学」(東京・文京区)で開催されます。

創造的な学びの場を提供する「CANVAS」が運営する「国際デジタルえほんフェア実行委員会」が2013年より開催しているイベントで、今回で6回目の開催。

2018年は、世界23ヵ国から322のデジタルえほんが一堂に会し、会場では実際に手にとって各国の文化や表現に触れながら、最新のデジタル表現を楽しむことができますよ。

最先端のデジタル教材に触れるチャンス

当日は、2才から6才の子ども向けオンライン学習プラットフォーム「カーンアカデミー・キッズ Khan Academy Kids」を立ち上げた、キャロライン・フー・フレクサー Caroline Hu Flexerさんの講演もあります(15時~15時45分)。

無料でワクワク楽しめる教育プログラムが揃っているので、講演を通じてわが子にはどんなデジタル教材がいいのか、その可能性を考えるきっかけにしてみてはいかが?

国際デジタルえほんフェア2018


【国際デジタルえほんフェア2018】

  • 主催:国際デジタルえほんフェア実行委員会
  • 日時:2018年12月1日(土)10時~17時30分
  • 会場:「東京大学大学院」情報学環・福武ホール地下2階(東京都文京区本郷7-3-1)
  • 入場:無料

関連記事

  1. 【埼玉大学】2018年冬は白馬、19年春は浅草で開催「STEM CAMP」小中高生各15名募集

  2. 【7/30】「ルビィのぼうけん」のリンダさんに会える!親子プログラミングワークショップ開催

  3. 【サンシャイン水族館2018】親子で館内を探検&水槽前で就寝…「夜の水族館」80組募集

  4. 【STEM101】プログラミング的思考を育成…ソニーの最新算数学習サービスが9月に提供を開始

  5. 【成田空港】空港の舞台裏を楽しく学ぶ「ワンデイサマースクール2018」小学生60名 6/22〆

  6. 【2014〜20年】日本のグローバル教育関連スケジュール

  7. 【ズッコファミリア】親子でワクワクしよう「おうちでアート」を楽しむ本命メディア1月に始動

  8. 【幼児英語】英語と日本語でお買い物を体験「トゥーンタウン ミニーマウスレジスター」

  9. 【ちびっこ探検学校ヨロン島2021】小学生150名と美しい海と自然に囲まれて過ごす6日間 3/5〆

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,287Followers
40Followers

june, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

18junallday【〆切】inochi Gakusei Innovators’ Program 2021関東

19junallday202021年度宇宙教育シンポジウム

19junallday06augハーバード大学「高校生サマースクール2021」

21junallday【〆切】SENPAIプログラム夏2021

28jun(jun 28)06:0430jul(jul 30)06:04「フィリップス・アカデミー2021 summer」オンライン

30junallday【終了】「ぼくはひとりで」出版記念プロジェクト

30junallday【〆切】千葉大学「ASCENT Program」

X