イベント

【ドイツフェスティバル2019】今年のテーマはベルリン!食に音楽に文化を楽しもう 11/1-4

この秋もドイツフェスが開催

ドイツを体感できるイベント「ドイツフェスティバル2019」が、2019年11月1日(金)~4日(月))の4日間に渡り「都立青山公園」(東京・港区)にて開催されます。

2011年から開催されており、今年で9回目を迎えるドイツフェスティバル。

今年のドイツフェスのテーマは、「ベルリン!」。ベルリンの壁崩壊30周年、東京ベルリン友好都市関係締結25周年を祝し、会場内にベルリンエリアが出現するそうです。

ソーセージの上にケチャップとカレー粉がたっぷりかかった、ベルリンのソウルフード「カリーヴルスト」(下の写真)は、ビールとの相性もピッタリ。

また、昨年につづき11月2日(土)、3日(日)の2日間限定で、ドイツ大使の専属シェフ・小林茂樹さん(下の写真)によるベルリン・ブランデンブルク地方料理を日替わりで200食限定で発売。こちらも見逃せませんね。

ドイツ発の音楽や文化も楽しもう

さらに、今年もドイツから来日するアーティストたちも見逃せません。

インディー・ポップファンの間では誰もが知っているという「フランチェスコ・ヴィルキング FRANCESCO WILKING」は、伝説のガールズバンド「Lemonbabies」のギタリストを務めたディアーネ・ヴァイクマンがステージを盛り上げます(2日18時〜19時、4日14時~15時)。

ヒップホップアーティスト「ハーベン Haben aka Habesha」もラップを披露。エリトリア人の母と内紛を避けドイツへ移住してきたハーベンは14才でラップを始め、その雄弁なメッセージ性や音楽的感性は高く評価されているそうです(3日14時〜15時、4日12時~13時)。

そして、2年連続の登場となるドイツ出身の日本人ラッパー「ブルーミオ Blumio」。ドイツで4枚のアルバムをリリースし、代表曲「Hey Mr. Nazi」は数ヵ月に渡ってドイツのMTVで1位を独占。オリジナリティー溢れる日本語ラップも最高ですよ(3日17時45分〜、4日16時45分〜)!

さらに、ドイツ発祥のスポーツ「スポーツホッカン」の紹介(3日と4日の12時~13時)、ビールジョッキリフトアップ大会も開催される予定です(3日13時~14時、4日17時30分~18時30分)。

ドイツフェスティバル 2019


【ドイツフェスティバル 2019】

  • 主催:ドイツ連邦共和国大使館
  • 日程:2019年11月1日(金)~4日(月・祝) 10時30分~21時(11月1日のみ15時~、4日は20時まで)
  • 会場:「都立青山公園」南地区(東京都港区六本木7丁目)
  • 入場:無料

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X