大学

【EF EPI 2015】インドやベトナムの英語力は急伸中…日本は5年間伸びることなく世界30位

70ヵ国中30位の日本

日本人の英語力は伸びていない——との残念な調査結果が発表されました。

「イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン」(東京都渋谷区)が発表した、世界最大の国別英語能力指数レポート「EF English Proficiency Index(EF EPI)2015」(2015年11月11日発表)によると、日本人の英語力は70ヵ国中30位。

EF EPI2015

14年は26位だったので、順位は4つ下げることに。また、英語能力を示すスコア「EF EPIスコア」は、 14年の結果から過去5年間は+0.69ポイントと横ばいとなっており、過去5年間日本人の英語能力は伸びていないことが判明しました。

今回の調査では、世界70ヵ国、91万人の成人の英語学習者のデータを用いて作成。トップ10は下記のとおり。

  1. スウェーデン(70.94)
  2. オランダ(70.58)
  3. デンマーク(70.05)
  4. ノルウェー(67.83)
  5. フィンランド(65.32)
  6. スロベニア(64.97)
  7. エストニア(63.73)
  8. ルクセンブルク(63.45)
  9. ポーランド(62.95)
  10. オーストリア(61.97)

14年は3位だったスウェーデンが1位にランクイン。ヨーロッパ諸国の英語能力は全体的に高く、1位から11位までをヨーロッパ勢が独占しています。

アジアのなかでは6位の英語力

アジア諸国のランキングは下記のとおりとなりました。

  1. シンガポール(61.08)12位
  2. マレーシア(60.30)14位
  3. インド(58.21)20位
  4. 韓国(54.52)27位
  5. ベトナム(53.81)29位
  6. 日本(53.57)30位
  7. 台湾(53.18)31位
  8. インドネシア(52.91)32位
  9. 香港(52.70)33位
  10. パキスタン(49.96)45位
  11. 中国(49.41)47位
  12. スリランカ(47.89)49位
  13. カザフスタン(47.04)54位
  14. タイ(45.35)62位
  15. モンゴル(43.64)64位
  16. カンボジア(39.15)69位

昨年から大きく伸ばしたのは、インド(+4.67ポイント)やベトナム(+2.24ポイント)といった経済成長国で、韓国や中国は日本と同じように、ほぼ横ばいといった結果となりました。

EF Standard English Test(EF SET)2015

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X