【2014年EF英語能力指数】過去7年間英語力はほとんど伸びていない!? 日本は63ヵ国中27位

アジアではマレーシアが最上位

グローバルな教育関連企業「イー・エフ・エデュケーション・ファースト」は、2014年の「英語能力指数」(EF EPI)調査結果を、2014年11月に発表しました。

【関連記事】2013年の日本の「英語能力指数」は世界で27位

この調査は、13 年に世界63ヵ国と地域でEFの英語試験を受験した、18才以上75 万人の英語能力を測定し数値化したもの。

その結果、日本人のスコアは52.88点で、世界26位に。

EF英語能力

アジア地域では13ヵ国中5位となり、もっとも英語能力が高かったのはマレーシア(世界では12位)。

続いてシンガポール13位、韓国24位、インド25位と日本より上位に、台湾、香港、中国がそれぞれ30位、31位、37位と下位に入りました。

日本人の英語能力は、07〜09年の調査結果をまとめた「EF 英語能力指数初版」では54.17点、09〜11年は55.14点、12年の調査結果は53.21点と、過去7年間ほとんど変化していないことも判明したとのことです。


【2014年英語能力指数(EF EPI)調査結果】

  • 主催:イー・エフ・エデュケーション・ファースト
  • 調査期間:2013年
  • 対象:世界63ヵ国と地域でEFの英語試験を受験した18才以上の75 万人
 

関連記事

  1. 【TOEIC】13年度受験者数は236万1000名で「英検」を上回る国内最大規模の英語検定試験に

  2. グローバル30【ぐろーばる・さーてぃ Global 30】

  3. スーパーグローバルハイスクール(SGH)【Super Global High-school】

  4. ムーク【MOOC(Massive Open Online Courses)】

  5. スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)【Super Science High-school】

  6. 【1000人に調査】英語力が高い人が転職すると年収が1.3倍以上アップするケースが6割以上に

  7. 【4学期制】国際標準に合わせることで競争力を高める…早稲田に続き、慶応と東大で導入決定

  8. サット/エスエーティー【SAT(Scholastic Assessment Test)】

  9. シュタイナー教育【Waldorf Education】

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
2,734Followers
125Followers
  1. 【お茶の水女子大学】女子中高生対象オンラインイベント「理系女性…

  2. 【マルバーン東京校】世界で10校目の英国ボーディングスクール「マ…

  3. 【ザーイド・サステナビリティ賞2022】水とエネルギーの自給自足を…

  4. 【Eton X】英国王室などリーダー教育に精通した教育者が提唱する最…

  5. 【こどもクリエ塾】年長から参加できる…都内5ヵ所の教室で「理科実…

  1. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」(2022年9月開講予定…

  2. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  3. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  4. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  5. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

january, 2022

04janallday【〆切】キッザニア「ENGLISHコンテスト2022」

11janallday【〆切】Tazaki財団2021年度奨学生

16janallday【〆切】ヤーマン奨学財団2021

21janallday22国内外の学生による映像の祭典「ISCA(イスカ)2021」

22janallday東工大 中高生対象講義「プラスチックに電気が通った日」

23janallday【〆切】異分野融合型研究プログラム2022

27janalldaySF思考で考える-核融合エネルギーが実現する未来社会とは

31janallday【〆切①】クマ財団「クリエイター奨学生2022」

31janallday【〆切】AIG高校生外交官2022

31janallday【〆切】数理工学コンテスト2022

31janallday【〆切】スラムダンク奨学金2021

31janallday【〆切】業務スーパージャパンドリーム財団「2022年度派遣海外留学奨学生」①

31janallday【終了】「富士花鳥園」クラウドファンディング

31janallday【〆切】教育アワード「Next Education Award(NEA)」

X