大学英語4技能テスト

【大学入試英語成績提供システム】TOEFL、英検、GTECなど7資格・試験は一部を除き認定へ

活用される英語資格・検定が決定

「独立行政法人大学入試センター」は、2020年以降に実施する「大学入試共通テスト」で使用する「大学入試英語成績提供システム」への参加が認められた英語4技能テストを、2018年3月26日(月)に公表しました。

2017年11月24日〜12月20日の申請期間には、7つの資格・検定試験団体からの申し込みがあり、その後「大学入試英語成績提供システム運営委員会」が参加要件を満たしているかを審査しました。

大学入試英語成績提供システムへの参加要件は、おもに以下のようなものとなっています。

  • 日本国内で2年以上の実施実績があること
  • 高校生の受検実績、大学入学者選抜における活用実績
  • 英語4技能にすべての偏りのない評価
  • 高校学習指導要領との整合性
  • CEFRとの対応関係、その根拠となる検証方法および研究成果などの公表・検証体制の整備
  • 毎年複数回実施
  • 原則毎年度全都道府県で実施
  • 経済的に困難な受検生への検定料を配慮など、適切な検定料であることの公表
  • 本システムで活用可能な時期・方法などでの大学入試センターへのデータ提供

英検は「従来型」が認定されず

審査結果として、7つの資格・検定試験はほぼ認定されましたが、「IDP:IELTS Australia」が条件付き認定となり、ケンブリッジ英検の「リンガスキル」は国内での受験者がごく少数であること、英検の「従来型」は1回の試験で4技能すべてを評価できないことから、参加認定されませんでした。

なお、英検は従来型の英検に加え、2018年度より「英検CBT」、2019年度より「公開会場実施」「1日完結型」を新たに実施していく予定で、「従来型の英検会場で受験するが、一次の合否に関わらず不合格でも二次試験を受験できる」という「公開会場実施」タイプがすべての級で採用されています。

<参加が認められた英語4技能テスト>

  • ケンブリッジ大学英語検定(ケンブリッジ大学英語検定機構)…C2(Proficiency)、C1(Advanced)、B2(First for Schools)、B2(First)、B1(Preliminary for Schools)、B1(Preliminary)、A2(Key for Schools)、A2(Key)
  • TOEFL iBTテスト(Educational Testing Service)
  • IDP:IELTS Australia(International English Language Testing System(IELTS)…アカデミック・モジュール ※条件付き
  • TOEIC Listening & Reading Test/TOEIC Speaking & Writing Tests(国際ビジネスコミュニケーション協会)
  • GTEC(ベネッセコーポレーション)…Advance、Basic、Core、CBT
  • 英検(日本英語検定協会)…1級(公開会場)、準1級(公開会場、1日完結型)、2級(公開会場、1日完結型、4技能CBT)、準2級(公開会場、1日完結型、4技能CBT)、3級(公開会場、1日完結型、4技能CBT)
  • IELTS(ブリティッシュ・カウンシル)…アカデミック・モジュール
「CEFR 」のレベルと求められる英語力について。

共通テストを受験する場合、高校3年生の4~12月に2回まで受けた英語4技能テストの結果が、大学入試センターを通じて大学に送られることになります。

独立行政法人大学入試センター


【「大学入試英語成績提供システム」参加資格・検定試験の結果公表】

  • 運用元:独立行政法人大学入試センター
  • 公表日:2018年3月26日(月)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X