英検はライティングが3割準1級合格講座4週間 10/12〆

英検®準1級10月講座 | スコア換算3割のライティング&スピーキング力を徹底底上げする4週間 10/12〆

個別指導とグループレッスンの
いいとこどり!
英検®準1級対策S&W4週間講座
  • 2023年10月15日〜11月5日まで、全4回レッスン&課題で1ヵ月間集中的に学ぶ
  • 学校の授業では不足しがちな「話す→書く」集中トレーニングで英語力を底上げ
  • レッスンでは、普段とは異なる環境・仲間と合格を目指す緊張感を保ちつつ、英語の瞬発力を鍛える
  • 少人数制なので、練習問題やレッスンごとの課題では個別の指導が受けられ、即効性が期待できる
エデュコさん

準1級(一次)のライティングセクションのスコア換算比率は33パーセント。スピーキングと合わせて基礎力をあげておくと、かなり有利!

本講座は、「英語を論理的に話す→書く」に特化した集中トレーニングで、中高生のライティング&スピーキング力を準1級レベルまで底上げするためのプログラムです。

英検は、2024年度に思考力や判断力、表現力も問われる内容へと一部リニューアルされる予定で、これまで以上に広範なスキルが求められるようになります。 【関連記事】英検が2024年度第1回検定よりリニューアル

Globaledu 講師

大きな変化を迎える前に、1ヵ月間集中して合格へとつながる対策をしていきましょう!

エデュコさん

毎週土日(平日も)受検できる英検S-CBTは、約1ヵ月半前まで申し込めるので、講座と絡めてスケジュールを立ててみては?

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

英検®準1級対策講座 | 話す→書くプロセスで実践的な英語力を獲得

本講座では、レッスン時間内にできる限り「意見を話す→書く」という順番で多くの英語をアウトプットすることで、準1級スピーキングとライティングの2技能を相乗的かつ実践的に学ぶことを目指します。

週に1回、全4回(各90分間)のレッスンと、レッスンで習ったスキルを定着させるための課題を1ヵ月間こなし、論理的かつシンプルに伝えるための型が身につくようデザインされています。

本講座のポイント
  • レッスン時間内に英語で意見を「書く→話す」をできる限り行う
  • 1回のレッスンで、平均2〜3題のトピックをこなす
  • レッスン後は、習ったスキルの定着を図るために課題に取り組む
  • 講座終了後も、個人で再現可能な実践的なレッスンデザイン
エデュコさん

レッスンでは、同じ目標を持った仲間と緊張感を持ちつつ、英語の瞬発力を鍛えていきます

Globaledu 講師

限られた時間を有効に使い、ひとりでは突破が難しい壁をいっしょに乗り越えましょう!

本講座はオンライン講座となります。受講には、Zoomがつながるインターネット環境(PCもしくはタブレットでの受講がおすすめ)が必要となります。また、連絡用ツールとしてLINEを使用する予定です

2023年10月講座の日程(全4回)

  • 10月15日(日)9時〜10時30分
  • 10月22日(日)9時〜10時30分
  • 10月29日(日)9時〜10時30分
  • 11月5日(日)9時〜10時30分

英検®準1級対策S&W4週間講座

主催株式会社グローバルエデュ
日程①2023年10月15日(日)、②22日(日)、③29日(日)、④11月5日(日)いずれも9時〜10時30分(90分間×全4回講座)
方式オンライン(Zoomにて授業を行います)
対象中高生(英検2級に合格している、または同等の英語力があり準1級受験を控えている人)
定員4〜6名程度(最少催行人数3名)
指導言語英語、日本語
参加費3万9600円(税込)
申込締切10月12日(木)

指導講師:ケイコ先生

オーストラリアの大学院で応用言語学(TESOL、英語教授法)専攻で修士を取得。2020年までUAE、現在はNZ在住。これまで20年近くに渡り、TOEFLiBT、英検、TOEICなどの英語試験対策、帰国子女入試対策、現地校での学習サポートなど、日本人学習者を中心に個人指導。「英語だけを目標にするのではなく、その先を見てほしい」という思いで、受講者のニーズを尊重し、それに合った指導を行っている

満足度4.6点!ケイコ先生の「ロジカル・ライティング講座」

\ 申込方法や費用についてもお気軽にどうぞ /

英検®準1級対策講座 | 幅広いトピックで学ぶ

本講座では、準1級で出題される「社会・経済・教育・環境」などの幅広い分野に関するテーマを扱い、さまざまなトピックについての考えを「英語で話してから書く」という順番でトレーニングしていきます。

扱うトピック例
  • Climate Change
  • The Role of Technology in Education
  • The Impact of the Olympics
  • Youth Activism など

レッスンでは、下記のような流れで練習を繰り返していきます。

STEP
トピックを読む

トピックに関する短文を読み、関連するボキャブラリーをチェック

STEP
PEEを用いたアウトプット

論旨構成パターン「PEE」を用いて、自分の意見をシンプルかつ論理的にアウトプット

「PEE」とは?

  • P…Point(主張)
  • E…Evidence(根拠)
  • E…Explain(説明)

学習するスキル

  • 必要なボキャブラリー(基本語と内容語の両方)
  • 「英語で意見」基本パターン
  • 設問を正確に捉える
  • 「PEE」でブレない理由づけ
  • 「社会・経済・教育・環境」など広い出題範囲を意識したテーマへの対応

英検®準1級対策講座 | 対象となる人と応募方法について

本講座の対象となるのは、下記のような中高生です。

  1. 英検2級合格者、または同等の英語力があり準1級受験を控えている人
  2. 事前のライティング課題を提出できること(120-150 words)

事前エッセイ課題について

②の課題はテストではありません。みなさんのレベルを把握し、指導内容を調整する目的です。

課題は、こちらの申し込みフォームから送信してください。

  • Write an essay on the given TOPIC.
  • Use TWO of the POINTS below to support your answer.
  • Structure: introduction, main body, and conclusion
  • Suggested length: 120-150 words

TOPIC

Should the Japanese government provide more online services? (*provide =提供する)

POINTS

  • Convenience
  • Cost
  • Information security
  • The environment
Globaledu 講師

準1級レベルの英語力があれば、英語ディベート大会や模擬国連などにも挑戦でき、進路の幅も大きく広がります!

そのためにも、まずは効果的な英語学習方法に取り組み、自分の可能性を広げてもらえればと思います。

\ 申込方法や費用についてもお気軽にどうぞ /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents