英語4技能テスト高校

【英検】受験生対象「英検 2020」&一般対象「英検CBT」の2019年度実施概要をチェック

新方式の英検の実施概要を押さえよう

「日本英語検定協会」(東京・新宿区)は、2019年度から新方式で実施される「英検 CBT」「英検 2020 1 day S-CBT」「英検2020 2 days S-Interview」の実施概要を、2018年12月7日(金)に発表しました。

英検 CBT」は、通常の英検と同じ内容のテストですが、コンピュータで受検することで4技能を1日で測定することができます。毎月、全国19ヵ所の会場で実施されており、学年などは問わず誰でも受検が可能。2018年8月からは2級・準2級に加えて3級が、11月からは準1級が受検可能となっています(同じ級は年6回受検可能)。

【関連記事】2018年8月から本格始動した「英検 CBT」

「英検 2020」は、大学受験者を対象に実施されるテストで、1日もしくは2日間で4技能を測定。1日で受検が可能な「英検 2020 1 day S-CBT」は「英検 CBT」をベースとしたテストとなり、高校2年生限定で11月〜翌年3月にかけて毎月実施。準1級〜3級の4グレードを受検可能です。

【関連記事】2019年度に開始する「英検 2020」

英検2020 2 days S-Interview」については、2019年度は実施しないそうです。

受検料は、「英検 CBT」「英検 2020 1 day S-CBT」ともに、準1級が9800円、2級7500円、準2級6900円、3級5800円。

日程や会場等のさらなる詳細については、決定次第公表されるそうです。

「日本英検協会」公式サイト


【2019年度「英検 CBT」「英検2020」】

  • 主催:公益財団法人日本英検協会
  • 対象:英検 CBT/制限なし、英検2020 1 day S-CBT/高校2年生
  • 実施日程:英検 CBT/毎月、英検2020 1 day S-CBT/11月〜翌年3月にかけて毎月実施
  • 受検料(英検 CBT、英検2020 1 day S-CBT):準1級/9800円、2級/7500円、準2級/6900円、3級/5900円

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X