【英検CBT】同じ級を年6回受検可能…18年8月から毎月実施されるテストの日程や受検料は?

新大学入試に対応するCBT

「日本英検協会」は、2018年8月より毎月実施する「英検CBT」の実施日程や受検方法、受検料などの詳細を、2018年4月19日(木)に公表しました。

「英検CBT」は通常の英検と同じ内容ですが、4技能を1日で測定し、コンピュータによる受検を可能にしたテスト。2018年8月より、2級・準2級に加え、3級も導入されます。

【関連記事】英検CBTが2018年8月から毎月受検可能に

通常の英検と同じく、Reading、Listening、WritingのCSEスコアに基づき一次試験の合否を判定し、一次試験合格者のみSpeakingのCSEスコアに基づき二次試験の合否を判定。ただ、一次試験の結果を問わず、すべての受検者が4技能のCSEスコアを取得できるのがCBTの強みではあります。

どうやって受検するの?

試験会場では、コンピュータの前に座り、ヘッドセットを装着し、コンピューター画面上の指示にしたがって受検します。

  1. スピーキング…吹き込み形式で解答の音声を録音
  2. リーディング…マウスをクリックして解答
  3. ライティング…キーボードを入力して解答
  4. リスニング…マウスをクリックして解答

英検と英検CBTは併願できるので、年間英検3回と英検CBTの3回、1つの級を計6回受検可能に(2018年度のみ最大5回)。なお、CBTでは最大3つの級を同じ検定回に受検できますが、同じ級が受検できるのは検定回ごとに1回のみ。第1回検定は4~7月、第2回検定は8~11月、第3回検定は12~3月に実施されます。

申し込み方法や受験方法に関する具体的な情報は、「英検」公式サイトにて5月下旬から案内される予定です。


【英検CBT】

  • 主催:公益法人日本英検協会
  • 日程(申込期間):2018年度8月より毎月1回(日曜日) 第2回/8月19日(申込期間/6月4日〜 7月9日)、9月16日(7月2日〜 8月13日)、10月14日(8月6日〜 9月10日)、11月18日(9月3日〜 10月9日)、第3回/12月9日(10月1日〜 11月12日)、2019年1月13日(11月5日〜 12月10日)、2月17日(12月3日〜1月15日)、3月17日(1月7日〜2月12日)
  • 試験時間:午前/9時10分〜12時頃、午後/15時30分〜18時20分頃
  • 会場:13都道府県で実施(北海道、宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄)※2019年度から全国展開予定
  • 対象:個人(先着順)
  • 検定料:2級/7500円、準2級/6900円、3級/5800円
 

関連記事

  1. 【英検】2016年度第1回試験(6月実施)より2級に「ライティング」を追加し、4技能を認定へ

  2. 【英検】2級以上にライティング導入、3級以外問題形式変更…16年度「4つの変更点」まとめ

  3. 【英語教育改革】「ブリティッシュ・カウンシル」のノウハウをもとに英語教員リーダーを養成

  4. 【準☆イチ07】英検1級、TOEFL iBT98点、AOで合格…1年間の米国高校留学の価値(H.S.さん)

  5. 【準☆イチ01】小4からラジオ講座で毎日30分独学、中2で2級→高1で準1に合格(R.H.さん)

  6. 【英検】8月から「英検CBT」が毎月受検可能に…2018年度の最新情報と試験日程をチェック

  7. 【準☆イチ04】英語で夢を叶えるをモットーにスピーチ大会踏破+トビタテ留学も(M.F.さん)

  8. 【English 4skills】NTTドコモ×EduLab18年度より学校向け英語4技能学習サービス開始

  9. 【ベネッセ】大学入試の外部英語検定試験採用を前提に開発…14年8月より「GTEC CBT」開始

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,034Followers
125Followers

may, 2022

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X