【東京学芸大学】次世代型コンピテンシー育成をテーマとしたワークショップ、中高生・教員など1000名募集 2/23

TOEFLレベルチェック

次世代対応型教育について考えるイベント

「東京学芸大学次世代教育研究推進機構」(NGE)は、Webシンポジウム「生徒の描く未来の教育と先生の描く未来の教育をつなげよう」を、2021年2月27日(土)に開催します。

2015年度から包括的な視点からコンピテンシーの探求を推進してきた「東京学芸大学次世代教育研究推進機構」は、本シンポジウムでは、これまでの研究成果を共有し、これからの教育について対話し提言する場を提供。

シンポジウムは、オンデマンド配信の「成果報告セッション」と、zoomによるオンライン配信の「ジョイントワークショップ」で構成されています。

成果報告セッションでは、「コンピテンシー(資質・能力)を育む授業とは?」をテーマにコンピテンシーの育成に関する知見(授業への導入事例・授業映像配信システムを活用した研修・エージェンシーの考え方など)について配信。利用登録することで、2021年2月13日〜3月6日の期間、いつでも視聴することが可能です。

中高生・教員・教育関係者が対話するワークショップ

ジョイントワークショップは、東京学芸大学と経済協力開発機構、グローカルイノベーションスクールリサーチネットの共催で、「ニューノーマルの到来と『コンピテンシーを育成する教師への成長』とは?」のテーマに行います。

新しい教育への変革期を迎えこれからの「教師」のあり方について、47都道府県から参加した1000人の生徒・学生・教員・教育関係者が一体となって100の小グループにわかれ、グループ対話を通して一緒に考え、つながり、提言していきます。

なお、中高生が参加する場合「自分の通っている学校で一番好きな授業は何ですか」についてスピーチしてもらうそうなので、「東京学芸大学次世代教育研究推進機構」シンポジム公式サイトを確認のうえ申し込みを。


【「生徒の描く未来の教育と先生の描く未来の教育をつなげよう」ワークショップ】

  • 主催:東京学芸大学次世代教育研究推進機構
  • 日時:2021年2月27日(土)15〜18時
  • 実施方法:Zoom
  • 対象:中学生・高校生、大学生・大学院生・教員・教育関係者
  • 定員:1000名
  • 参加:無料
  • 申込期限:2月23日(火)

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,447Followers
125Followers
  1. 【SHIBUYA ART AWARDS】2022年のテーマは「Contact 接点の質感」…未…

  2. 【みてね基金】家族を取り巻く社会課題解決に取り組む非営利団体に…

  3. 【多摩美術大学】自由闊達な美大講師の視点に学ぶ新・教養講座「TAM…

  4. 【子どもたちに大切なことを脳科学が明かしました】親が知っておき…

  5. 【マンガでよくわかる! 英語が好きになる本】韓国の子どもたちを英…

  1. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  2. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  3. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  4. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  5. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

october, 2022

02octalldayPrivate & International School Fair 2022@ペナン

10octallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」

15octalldayPrivate & International School Fair 2022@ジョホール

15octallday【〆切】テンプル大学ジャパンキャンパス「持田・ストロナク全額奨学生」

X