GLI(Global Learner's Institute)晴海校小学校

【GLI】ロボットコンテストで世界を目指す…英語で学ぶ「超実践型STEMプログラム」2019年春に始動

STEMを英語で学び世界を目指すコース始動

英語スクール「GLI」(東京・中央区)は、英語を用いてロボットコンテスト世界大会出場を目指す小学生のための「FLLコース」を、2019年4月に新設しました。

出場を目指すのは、9才~16才を対象に毎年5月に世界大会が開催されている国際的なロボットコンテスト「First LEGO League」(FLL)。

「First LEGO League」という名称からもわかるように、LEGOとアメリカのNPO「FIRST」が1999年から実施している大会で、2018-19年大会には、98ヵ国から4万チーム以上が参加するなど、年々盛り上がりを見せている世界最大規模のロボットコンテストです(詳しくは下記の動画で紹介されています)。

主体的に課題に取り組む実践的な内容

このFLLコースでは、プログラミング学習のみならず、プロジェクト学習やプレゼンテーション、フィールドトリップなどを通じて、子どもたちが課題について主体的に深く考え、取り組み、解決していく機会を提供。

STEMスキルや思考力、科学への関心と理解、表現力、チームワークといった力を鍛え、世界大会出場というビッグな目標に向けて、講師や仲間と挑戦します。

コンテストまでは、下記のような年間スケジュールで準備を進めていきます。

  • 5月〜8月…過去問を使用してレッスン
  • 8月…2019-20年大会のテーマが発表
  • 8月〜12月…テーマに沿ってレッスン&準備
  • 11月…地域大会を想定したプレゼンテーションを実施
  • 12月…FLL地域大会に出場
  • 1月…全国大会を想定したプレゼンテーションを実施
  • 2月…FLL日本全国大会に出場
  • 4月…世界大会を想定したプレゼンテーションを実施
  • 5月…FLL世界大会に出場

具体的にどんなことを学ぶの?

FLLのテーマは、科学的な社会問題から選ばれ、毎年8月末に公表されます。ちなみに、2018-2019のテーマは「INTO ORBIT(人類が宇宙で暮らすための調査・研究を行う)」でした。

レッスンでは、2〜10名でチームを構成し、「ロボット競技」と「プレゼンテーション競技」を分担して活動。「ロボット競技」ではレッスン教材を使用してプログラミングスキルを磨き、「プレゼンテーション競技」ではテーマについてのリサーチ法を学び、知識を習得するためにさまざまな教材を利用して、大会を想定した英語プレゼンテーションを定期的に行っていきます。

フィールドトリップではさまざまな体験をすることで、プレゼンやプログラミングを行う上でのインスピレーションにつなげていきます。

*   *   *

どんなプログラムなのか、興味のある人は5月11日(土)、18日(土)、25日(土)に実施される「無料体験レッスン」に参加してみては? 申し込みや問い合わせは、「GLI晴海校」公式サイトの問い合わせフォームから受け付けていますよ!


【GLI「FLLコース」開設】

  • 主催:GLI晴海校
  • 開設:2019年4月〜
  • 開講日:毎月土曜日2回
  • 場所:「GLI晴海校」(東京都中央区晴海二丁目1番40号 晴海フロントビル208
  • 対象:小学生
  • 定員:12名
  • 受講料:月額9900円(税込) ※4月末日までに問い合わせすると入会金3万円が無料

【GLI「FLLコース」体験無料レッスン】

  • 主催:GLI晴海校
  • 開催日:①2019年5月11日(土)、②18日(土)、③25日(土)各回10時30分〜12時
  • 会場:「GLI晴海校」(東京都中央区晴海二丁目1番40号 晴海フロントビル208 ) ※大江戸線「勝どき駅」から徒歩で約10分
  • 対象:小学生
  • 定員:3名
  • 参加費:無料
  • 申込締切:定員に達し次第

◎提供:GLI晴海

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X